KeibaList

第52回 京王杯2歳ステークス (G2)

サラ系2歳 オープン 5回東京1日15:35発走 芝:良
1400m 晴 左 (国際) 馬齢 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
8 13 モンドキャンノ 牡2 C.ルメール 1:21.9 57.3 09-08 33.7 36.15 55.0 472(+4) 3 7.4 安田隆行 3849万
2 6 8 レーヌミノル 牝2 浜中俊 1:22.0 1/2 54.8 02-02 34.2 35.85 54.0 466(+2) 1 2.0 本田優 1514万
3 6 9 ディバインコード 牡2 柴田善臣 1:22.5 53.8 04-02 34.6 35.93 55.0 480(+8) 4 9.8 栗田博憲 957万
4 7 11 コウソクストレート 牡2 戸崎圭太 1:22.5 ハナ 57.0 11-10 34.0 36.38 55.0 488(-2) 2 4.1 中舘英二 570万
5 1 1 タイセイブレーク 牡2 柴山雄一 1:22.5 クビ 55.9 06-08 34.2 36.23 55.0 488(-12) 9 36.0 浜田多実雄 380万
6 3 3 ジョーストリクトリ 牡2 松岡正海 1:22.6 1/2 54.0 02-04 34.6 36.00 55.0 508(+6) 8 33.3 清水久詞
7 5 7 タイムトリップ 牡2 田辺裕信 1:22.6 アタマ 52.5 01-01 34.9 35.78 55.0 472(-2) 7 29.9 菊川正達
8 5 6 ダイイチターミナル 牡2 嘉藤貴行 1:22.7 1/2 54.3 04-06 34.6 36.08 55.0 430(+8) 11 69.2 高市圭二
9 4 5 マテラスカイ 牡2 山本聡哉 1:22.7 アタマ 55.8 09-10 34.3 36.30 55.0 506(+6) 12 190.8 森秀行
10 2 2 ダノンハイパワー 牡2 横山典弘 1:22.7 クビ 57.4 13-12 34.0 36.53 55.0 488(-6) 10 57.4 菊沢隆徳
11 8 12 レヴァンテライオン 牡2 内田博幸 1:22.8 1/2 53.4 06-04 34.8 36.00 55.0 484(+16) 5 10.1 矢作芳人
12 7 10 スズカゼ 牝2 大野拓弥 1:23.0 56.5 12-12 34.3 36.53 54.0 476(+6) 13 277.7 伊藤正徳
13 4 4 ドウディ 牡2 蛯名正義 1:23.1 3/4 53.1 06-06 35.0 36.08 55.0 484(+8) 6 21.1 佐藤吉勝

ラップタイム

12.4 - 11.4 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.2 - 11.7
平均1F:11.29 平均3F:33.87 RPCI:48.25 PCI3:54.67

通過タイム

12.4 - 23.8 - 35.7 - 47.7 - 59.0 - 70.2 - 81.9
69.5 - 58.1 - 46.2 - 34.2(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 13 740 3
複勝 8 120 1
9 220 4
13 170 3
枠連 6-8 400 1
馬連 8-13 930 2
方式 馬番 配当 人気
馬単 13-8 2,580 7
ワイド 8-9 460 3
8-13 350 2
9-13 1,000 13
三連複 8-9-13 2,270 5
三連単 13-8-9 16,080 40

レース動画




コーナー通過

3コーナー 7(3,8)(6,9)(1,4,12)(5,13)11,10,2
4コーナー 7(8,9)(3,12)(6,4)(1,13)(5,11)(10,2)

レース後のコメント

1着 モンドキャンノC.ルメール騎手)
「最初、少し引っ掛かりましたが、馬の後ろに入れることが出来て、4コーナーでリラックスして息が入ったので、直線を向いてからの反応も良かったです。 1400mはちょうどいいですが、いいスピードを持っているので、リラックス出来ればマイルもいけます」

2着 レーヌミノル浜中俊騎手)
「2番手からレースをして、コーナーに入る時、少し噛みましたが、その後は我慢してくれました。直線では後ろの馬を待ちながら追い出しました。
距離はまったく問題ありません。今日は初めてのコースだからかソワソワした感じで、ゴールした後もすぐに息が入ったように、今日はビュンと反応しませんでした。相手の決め手も良かったです」

3着 ディバインコード柴田善臣騎手)
「いいですね。最初の頃から比べたら精神面がかなり成長して、体も良くなっています。まだ追い出してから体が浮くようなところもありますが、まだこれから良くなってくるでしょう」

4着 コウソクストレート戸崎圭太騎手)
「返し馬は問題なかったのですが、レース前にメンコを外したらテンションが上がり、スタートで遅れてしまいました。勝ち馬を見ながら上手に走っていました。もう少し力をつけてくればいいと思います」

11着 レヴァンテライオン内田博幸騎手)
「ずっとイレ込んでいました。精神面の問題ですが、これを乗り越えていけばいいと思います。力はある馬で、ここで負けたら終わりというわけではありませんし、こんな馬ではないはずです」

ラジオNIKKEI


京王杯2歳ステークス(けいおうはいにさいステークス)のその他情報…

正賞は京王電鉄株式会社賞。
旧名称は京成杯3歳ステークス(1965-1997),京王杯3歳ステークス(1998-2000)。
備考…京王杯2歳ステークスは、1965年創設の東京競馬場で施行される中央競馬の重賞。
阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦として位置付けられている。
1984年にグレード制施行によりGⅡに格付けされた。
競走現存する2歳重賞としては3番目に古いものである



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail