KeibaList

第65回 神戸新聞杯 (G2)

サラ系3歳 オープン 4回阪神7日15:35発走 芝:良
2400m 晴 右外 牡・牝 (国際) 馬齢 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
5 8 レイデオロ 牡3 C.ルメール 2:24.6 58.0 04-04-03-03 34.1 36.83 56.0 476(-4) 1 2.2 藤沢和雄 5501万
2 4 5 キセキ 牡3 M.デムーロ 2:24.9 59.1 09-10-09-10 33.9 37.00 56.0 486(-12) 2 3.5 角居勝彦 2229万
3 2 2 サトノアーサー 牡3 川田将雅 2:25.1 3/4 57.3 04-05-05-05 34.4 36.90 56.0 480(+14) 3 6.9 池江泰寿 1414万
4 3 3 ダンビュライト 牡3 武豊 2:25.2 1/2 55.0 02-02-02-02 35.0 36.73 56.0 480(+16) 4 8.6 音無秀孝 810万
5 8 14 アドマイヤウイナー 牡3 秋山真一郎 2:25.3 1/2 57.5 10-08-09-08 34.4 36.97 56.0 484(-8) 8 49.0 須貝尚介 540万
6 3 4 ベストアプローチ 牡3 岩田康誠 2:25.4 3/4 56.7 06-08-06-06 34.6 36.93 56.0 484(+10) 5 14.9 藤原英昭
7 6 9 マイスタイル 牡3 横山典弘 2:25.4 ハナ 55.5 03-03-03-03 34.9 36.83 56.0 462(±0) 7 17.2 昆貢
8 1 1 メイショウテンシャ 牡3 藤岡佑介 2:25.8 2.1/2 57.5 12-12-12-12 34.5 37.10 56.0 460(-8) 13 268.7 池添兼雄
9 7 11 カデナ 牡3 福永祐一 2:25.9 1/2 55.2 06-06-08-06 35.1 36.93 56.0 464(+10) 6 15.6 中竹和也
10 4 6 アダムバローズ 牡3 池添謙一 2:26.4 51.1 01-01-01-01 36.3 36.70 56.0 508(+10) 9 74.9 角田晃一
11 7 12 エテレインミノル 牡3 北村友一 2:26.7 53.3 06-06-06-08 35.8 36.97 56.0 484(+6) 12 209.8 北出成人
12 6 10 ホウオウドリーム 牡3 藤岡康太 2:26.9 53.1 11-11-11-10 35.9 37.00 56.0 488(-4) 10 117.6 矢作芳人
13 5 7 タガノシャルドネ 牡3 和田竜二 2:27.0 1/2 54.7 13-13-12-13 35.5 37.17 56.0 436(-4) 11 142.1 川村禎彦
14 8 13 タガノヤグラ 牡3 藤懸貴志 2:27.2 1.1/2 54.1 14-14-14-13 35.7 37.17 56.0 450(-2) 14 323.0 千田輝彦

ラップタイム

12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8
平均1F:11.58 平均3F:34.74 RPCI:50.97 PCI3:58.00

通過タイム

12.9 - 24.7 - 36.9 - 49.3 - 61.4 - 73.7 - 86.0 - 98.2 - 110.1 - 121.4 - 132.8 - 144.6
70.9 - 58.6 - 46.4 - 34.5(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 8 220 1
複勝 2 160 3
5 130 2
8 110 1
枠連 4-5 440 1
馬連 5-8 460 1
方式 馬番 配当 人気
馬単 8-5 860 1
ワイド 2-5 450 5
2-8 320 2
5-8 210 1
三連複 2-5-8 890 1
三連単 8-5-2 3,180 1

レース動画




コーナー通過

1コーナー 6,3,9(2,8)-(4,11,12)5,14,10-1,7-13
2コーナー 6,3-9,8,2(11,12)(4,14)5,10-1,7,13
3コーナー 6,3(9,8)-2(4,12)11(5,14)-10-(1,7)13
4コーナー (*6,3)(9,8)2(4,11)(14,12)(5,10)1(13,7)

レース後のコメント

  • 1着 レイデオロC.ルメール騎手
    「今日もしっかり能力を発揮してくれました。スタートも速くてびっくり、3番手からのレースでした。返し馬から乗りやすく、馬が大人になって、レースではリラックスしていました。スタミナがある馬です。それに直線に入るところでうまく息が入りました。今日は楽に勝てました。でもまだ100%ではありませんからね。このレースを使ってさらに良くなるでしょう。この後が本当に楽しみです。」
  • 2着 キセキ角居勝彦調教師
    「狭いところでよく伸びて、いいレースをしてくれました。このあとはオーナーと相談して決めたいと思います。」
  • 2着 キセキM.デムーロ騎手
    「狭くなって道中スムーズさを欠きました。この馬はジリジリと脚をのばすより、中京や新潟のような瞬発力勝負が合っています。折り合いは問題ありません。」
  • 3着 サトノアーサー川田将雅騎手
    「今までの中で一番(レースの流れに)ついて行けました。少し力んだ面はありましたが、その後は落ち着きました。次が楽しみです。」
  • 4着 ダンビュライト武豊騎手
    「1~2コーナーで力むようなところはありましたが、やりたいレースは出来ました。でも、上位馬相手には完敗でした。」
  • 5着 アドマイヤウイナー秋山真一郎騎手
    「最後は伸びています。でもあと一つ前の位置からレースをしたかったですね。内枠だったらよかったのですが。」
  • 6着 ベストアプローチ岩田康誠騎手
    「休み明けでしたが、リラックスしていました。直線はスペースがあったのでつっこんでいけば良かったかもしれません。折り合いは問題ないので、距離は問題ありません。」
  • 7着 マイスタイル横山典弘騎手
    「この馬としてはよく頑張りました。」
  • 9着 カデナ福永祐一騎手
    「体も大きくなって筋肉量も増えて春とは違うフォームで走っていましたし、スタートも以前より速くなっていました。今後の距離適性を考えて、走りっぷりがどうかと思っていたのですが、馬に力がついた分、今日の距離は長い感じでした。2000mくらいまでがいいのかもしれません。」
  • 10着 アダムバローズ池添謙一騎手
    「自分のレースはできましたが、骨折明けでしたからね。ここを使って良くなってくるでしょう。」

神戸新聞杯(こうべしんぶんはい)のその他情報…

正賞は神戸新聞社賞。
旧名称は神戸盃(1953-1971)。
備考…神戸新聞杯は1955年に創設された重賞競走。
1984年にグレード制施行によりGⅢに格付けされ、1987年にGⅡに格上げされた。
1991年に3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられるようになり、1995年に菊花賞トライアルに指定された。
神戸新聞社は神戸新聞、デイリースポーツ、デイリー馬三郎を発行する新聞社。




コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail