KeibaList

第68回 東京新聞杯 (G3)

サラ系4歳以上 オープン 1回東京4日15:45発走 芝:良
1600m 晴 左 (国際) 別定 [指定]



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
4 8 リスグラシュー 牝4 武豊 1:34.1 58.0 07-07 33.6 36.30 55.0 448(+4) 3 5.5 矢作芳人 3956万
2 2 3 サトノアレス 牡4 柴山雄一 1:34.3 59.9 13-14 33.3 36.60 57.0 510(-6) 5 8.9 藤沢和雄 1616万
3 8 15 ダイワキャグニー 牡4 横山典弘 1:34.3 クビ 56.9 06-06 33.9 36.24 56.0 494(-4) 2 4.2 菊沢隆徳 988万
4 1 2 デンコウアンジュ 牝5 蛯名正義 1:34.4 1/2 58.6 10-11 33.6 36.48 54.0 456(+2) 9 30.5 荒川義之 590万
5 2 4 ディバインコード 牡4 北村宏司 1:34.4 クビ 56.1 02-04 34.1 36.18 56.0 502(+6) 11 44.1 栗田博憲 390万
6 5 9 ハクサンルドルフ 牡5 戸崎圭太 1:34.4 ハナ 59.6 13-14 33.4 36.60 56.0 468(+6) 8 19.5 西園正都
7 6 11 ベルキャニオン 牡7 石橋脩 1:34.4 ハナ 56.1 05-04 34.1 36.18 56.0 502(+6) 13 112.3 堀宣行
8 4 7 クルーガー 牡6 浜中俊 1:34.5 3/4 56.8 07-07 34.0 36.30 56.0 526(-12) 4 6.8 高野友和
9 8 16 グレーターロンドン 牡6 川田将雅 1:34.5 ハナ 54.8 02-02 34.4 36.06 56.0 474(+2) 1 4.2 大竹正博
10 7 14 ストーミーシー 牡5 大野拓弥 1:34.6 クビ 57.4 09-09 33.9 36.42 56.0 528(-2) 12 71.4 斎藤誠
11 5 10 ダノンプラチナ 牡6 田辺裕信 1:34.6 ハナ 59.4 16-14 33.5 36.66 56.0 490(±0) 7 12.6 国枝栄
12 1 1 アドマイヤリード 牝5 藤岡康太 1:34.7 3/4 57.6 10-11 33.9 36.48 54.0 428(±0) 6 10.4 須貝尚介
13 3 5 トウショウピスト 牡6 田中勝春 1:34.9 3/4 53.2 01-01 34.9 36.00 56.0 482(-4) 14 125.7 角田晃一
14 7 13 カデナ 牡4 福永祐一 1:34.9 ハナ 57.5 13-11 34.0 36.54 56.0 462(-6) 10 43.3 中竹和也
15 3 6 ガリバルディ 牡7 三浦皇成 1:35.0 3/4 55.7 12-09 34.4 36.36 57.0 506(-6) 15 152.8 藤原英昭
16 6 12 マイネルアウラート 牡7 柴田大知 1:35.5 51.9 02-02 35.4 36.06 57.0 482(+6) 16 209.5 高橋裕

ラップタイム

12.4 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.4 - 11.1 - 11.0 - 12.0
平均1F:11.50 平均3F:34.50 RPCI:51.88 PCI3:57.67

通過タイム

12.4 - 23.8 - 35.4 - 47.6 - 60.0 - 71.1 - 82.1 - 94.1
70.3 - 58.7 - 46.5 - 34.1(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 8 550 3
複勝 3 280 5
8 210 3
15 170 2
枠連 2-4 1,230 8
馬連 3-8 2,450 9
方式 馬番 配当 人気
馬単 8-3 4,430 16
ワイド 3-8 980 8
3-15 760 6
8-15 610 3
三連複 3-8-15 4,630 10
三連単 8-3-15 27,390 69

レース動画




コーナー通過

3コーナー 5-(4,12,16)11,15(7,8)14(1,2)6(3,9,13)-10
4コーナー 5(12,16)(4,11)15(7,8)(14,6)(1,2,13)(3,9,10)

レース後のコメント

  • 1着 リスグラシュー武豊騎手
    「うれしいですね。久しぶりに勝てて。3コーナーでペースが落ちた時にかかりそうになったが、我慢できました。直線でも去年までは、ああいうところで遅れるところがあったが、今日はそのあたりが違い、反応が良かった。1600メートルで結果がいいですし、東京で勝てて今後が楽しみですね。」
  • 1着 リスグラシュー矢作芳人調教師
    「調教の時からパワーアップしているのを感じました。ただ、入れ込みがきつくて、ゲートも危うかったです。そういった精神面の課題がクリアできればもっと良くなるでしょう。このメンバーで斤量も55キロで勝てたことはかなり大きいです。今後はオーナーと相談しますが、阪神牝馬ステークスからヴィクトリアマイルを予定しています。」
  • 2着 サトノアレス柴山雄一騎手
    「勝ち馬と併せ馬の形になれば良かったが。この馬場で上がり最速の脚を使っているし、力はつけている。ただ、前回も今回もモタれる面をみせていたし、馬がまだ若い。」
  • 3着 ダイワキャグニー菊沢隆徳調教師
    「緩い馬場がどうかと思っていたが、しぶとく頑張って走っていた。強いメンバーが相手なら、マイルにこだわらなくてもいいかもしれない。」
  • 4着 デンコウアンジュ蛯名正義騎手
    「追い出しを待たされたけど、最後に馬群の中をついて出てこれたのは収穫。」
  • 5着 ディバインコード北村宏司騎手
    「スタートがよくてハナにいけるくらいだったが、馬の後ろで集中力を持続させるのと脚をためるイメージで乗った。最後も踏ん張っているし、強い馬を相手に頑張っている。」
  • 6着 ハクサンルドルフ戸崎圭太騎手
    「ペースが遅かったが、いい脚は使っている。」
  • 7着 ベルキャニオン石橋脩騎手
    「道中はかまないようにジッとして直線へというイメージ。いい感じで反応できたし、いい内容だったと思う。」
  • 8着 クルーガー浜中俊騎手
    「スタートからいいところにいけたが、最後は伸び負ける格好になった。」
  • 9着 グレーターロンドン大竹正博調教師
    「ペースが速いわけではなかったので位置は絶好だったが、結果をみると後ろからの方がいいのかもしれない。」
  • 10着 ストーミーシー大野拓弥騎手
    「いい感じでレースを進められたけど…。オープンでも慣れてくれば。」
  • 11着 ダノンプラチナ田辺裕信騎手
    「ゲートは出なかったが、リズムは良かったのでいいかと思ったが…。」
  • 12着 アドマイヤリード藤岡康太騎手
    「勝ち馬の後ろを取れて良い感じだったが、いつものこの馬の反応がみられなかった。使ったことで次は変わってくれるのでは。」
  • 13着 トウショウピスト田中勝春騎手
    「いい感じだったが、もうひと踏ん張りがきかなかった。距離が長いのかも。」
  • 14着 カデナ福永祐一騎手
    「一瞬、オッという脚は使ってくれたが最後は失速した。距離は短い方がいいが、展開の助けは欲しい。」
  • 16着 マイネルアウラート柴田大知騎手
    「踏ん張りきれず最後は下がっていく感じ。良い頃だったら、もう少し粘れたと思う。」

東京新聞杯(とうきょうしんぶんはい)のその他情報…

正賞は中日新聞社賞。
旧名称は東京杯(1951~1965),東京新聞杯(1966~)。
備考…東京新聞杯は、1951年に創設された日本中央競馬会が東京競馬場で施行するサラ系4歳以上の馬による中央競馬の重賞競走。
1984年にグレード制施行によりGⅢに格付けされた。

芝2400m(1951-1967),芝2200m(1968),ダート2100m(1969-1970),芝2000m(1971-1983),芝1600m(1984-1994),ダート1600m(1995),芝1600m(1996~)
東京新聞は中日新聞東京本社が発行する日刊一般紙。



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail