KeibaList

第35回 フェブラリーステークス (G1)

サラ系4歳以上 オープン 1回東京8日15:40発走 ダート:良
1600m 晴 左 (国際) 定量 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
6 12 ノンコノユメ セン6 内田博幸 1:36.0 49.6 14-13 36.1 35.94 57.0 450(-6) 4 10.7 加藤征弘 1億340万
2 7 14 ゴールドドリーム 牡5 R.ムーア 1:36.0 クビ 48.2 10-08 36.4 35.76 57.0 524(-14) 1 2.1 平田修 4097万
3 3 6 インカンテーション 牡8 三浦皇成 1:36.1 クビ 47.1 07-06 36.7 35.64 57.0 512(+5) 6 20.0 羽月友彦 2549万
4 8 16 サンライズノヴァ 牡4 戸崎圭太 1:36.6 46.6 09-08 37.0 35.76 57.0 536(+4) 3 7.1 音無秀孝 1500万
5 7 13 レッツゴードンキ 牝6 幸英明 1:36.7 1/2 46.8 10-11 37.0 35.82 55.0 492(+4) 10 51.0 梅田智之 1000万
6 5 9 キングズガード 牡7 藤岡佑介 1:36.7 ハナ 47.7 15-13 36.8 35.94 57.0 470(-6) 12 81.5 寺島良
7 4 8 メイショウスミトモ 牡7 田辺裕信 1:37.1 2.1/2 45.8 10-11 37.4 35.82 57.0 486(+4) 15 242.3 南井克巳
8 3 5 サウンドトゥルー セン8 F.ミナリク 1:37.5 2.1/2 45.6 15-13 37.6 35.94 57.0 478(-3) 11 54.4 高木登
9 2 4 アウォーディー 牡8 武豊 1:37.6 クビ 45.3 10-13 37.7 35.94 57.0 516(+2) 7 23.6 松永幹夫
10 8 15 ベストウォーリア 牡8 C.ルメール 1:37.6 クビ 42.9 06-06 38.3 35.58 57.0 518(±0) 8 32.2 石坂正
11 1 2 ケイティブレイブ 牡5 福永祐一 1:37.7 1/2 38.8 02-02 39.4 34.98 57.0 516(±0) 5 15.4 目野哲也
12 5 10 テイエムジンソク 牡6 古川吉洋 1:37.9 3/4 39.1 03-03 39.4 35.10 57.0 496(-2) 2 3.7 木原一良
13 2 3 ノボバカラ 牡6 石橋脩 1:38.3 2.1/2 38.9 04-04 39.6 35.22 57.0 510(-8) 16 257.0 天間昭一
14 6 11 ロンドンタウン 牡5 岩田康誠 1:38.5 1.1/2 41.5 07-08 39.0 35.70 57.0 522(+10) 9 33.2 牧田和弥
15 4 7 ララベル 牝6 真島大輔 1:38.8 1.3/4 39.3 05-05 39.7 35.46 55.0 548(-16) 14 199.4 荒山勝徳
16 1 1 ニシケンモノノフ 牡7 横山典弘 1:39.0 1.1/4 35.9 01-01 40.7 34.98 57.0 508(-6) 13 124.1 庄野靖志

ラップタイム

12.2 - 10.7 - 11.2 - 11.7 - 12.5 - 12.6 - 12.3 - 12.8
平均1F:11.50 平均3F:34.50 RPCI:36.42 PCI3:48.00

通過タイム

12.2 - 22.9 - 34.1 - 45.8 - 58.3 - 70.9 - 83.2 - 96.0
73.1 - 61.9 - 50.2 - 37.7(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 12 1,070 4
複勝 6 350 6
12 280 4
14 130 1
枠連 6-7 870 3
馬連 12-14 1,140 3
方式 馬番 配当 人気
馬単 12-14 3,530 13
ワイド 6-12 2,620 28
6-14 720 8
12-14 520 4
三連複 6-12-14 6,540 20
三連単 12-14-6 41,560 125

レース動画




コーナー通過

3コーナー (*1,2)10-3-7-15(11,6)16(4,8,13,14)12(5,9)
4コーナー (*1,2)10,3-7(15,6)(11,16,14)(8,13)(4,5,9,12)

レース後のコメント

  • 1着 ノンコノユメ内田博幸騎手
    「末脚が凄い馬なので、それを活かす競馬をしたいと思っていました。他の馬に被されることなく、有力馬の後ろにつけられて、良いタイミングで追い出せたのが勝因ですね。結果が出ずに悔しいレースが続いている時、厩舎の皆さんが工夫しているのを知っていたので、嬉しい勝利です。『頑張っていれば出来る』ということを示せて嬉しいです。」
  • 1着 ノンコノユメ加藤征弘調教師
    「前走で復活して、今日も豪脚を見せてくれたのでホッとしています。ブリーダーズCクラシックへの優先出走権をゲットし、オーナーの意向次第ですが、興味はあります。」
  • 2着 ゴールドドリーム平田修調教師
    「スタートで出遅れたのは問題ではなく、動くのが早過ぎたとムーア騎手が言っていました。強力な馬が前に行ったので届くか不安になって早く動いたそうです。それが敗因です。並ばれてから差し返そうとしたように力は示しました。今日は勝った馬が強かったです。」
  • 2着 ゴールドドリームR.ムーア騎手
    「馬は良い状態でした。展開的に早めに動かざるを得ない状態だったため、最後甘くなってしまいました。」
  • 3着 インカンテーション羽月友彦調教師
    「結果は残念でしたが、決して楽な形ではありませんでした。最後まで頑張ってくれましたし、十分走ったと思います。」
  • 3着 インカンテーション三浦皇成騎手
    「スタートで出遅れたのは問題ではなく、動くのが早過ぎたとムーア騎手が言っていました。強力な馬が前に行ったので届くか不安になって早く動いたそうです。それが敗因です。並ばれてから差し返そうとしたように力は示しました。今日は勝った馬が強かったです。」
  • 4着 サンライズノヴァ戸崎圭太騎手
    「スタートが決まりうまく流れました。もう少しペースが遅ければ脚が溜まったかもしれません。」
  • 6着 キングズガード藤岡佑介騎手
    「最後の直線で内に持って行きたかったのですが、外を回さざるを得ませんでした。もう少しうまく立ち回れば結果も違ったと思います。」
  • 7着 メイショウスミトモ田辺裕信騎手
    「ペースも流れてくれましたし、よく頑張ってくれたと思いますよ。」
  • 8着 サウンドトゥルーF.ミナリク騎手
    「芝スタートからダッシュがつかなかったし、最後まで一生懸命走ってくれました。千六は忙しいかもしれませんね。馬はしっかり走ってくれましたよ。」
  • 9着 アウォーディー武豊騎手
    「状態は良かったですね。内枠で気を遣って走っていたので、思い切って、下げて外に出せば良かったですね。距離じゃなくて、馬込みが敗因ですね。」
  • 10着 ベストウォーリアC.ルメール騎手
    「ちょうどいいポジションで、自分のリズムではしれたけれど、反応できなかったね。年齢的なものかもしれない。」
  • 11着 ケイティブレイブ福永祐一騎手
    「取りたい位置が取れましたが、外から馬が来て息を入れられませんでした。コーナーが4つあるレースの方が息を入れられるので良いです。」
  • 12着 テイエムジンソク古川吉洋騎手
    「心配していましたが、コーナー2つがうまく行きませんでした。芝のスタートは問題ありませんでしたが、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長かったことも良くありませんでした。」
  • 12着 テイエムジンソク木原一良調教師
    「やはりワンターンのコースはこの馬にはきつかったです。どこかで息を入れたかったところですが、思ったよりペースが速くなりました。芝のスタートはクリアしましたが、あそこまでスピードが乗ると溜めが利きませんでした。」
  • 13着 ノボバカラ石橋脩騎手
    「先生ともスタートさえ決まれば、いけそうだなと話していましたが、ものすごいペースになりましたね。馬に若さはありますし、自分のリズムでいければまだまだやれると思いますよ。」
  • 15着 ララベル真島大輔騎手
    「この馬の競馬はすることが出来ました。やはり中央のペースは速かったです。返し馬でもレースでもとても堂々としていました。この馬にはたくさん勉強させてもらいました。」

フェブラリーステークス(フェブラリーステークス)のその他情報…

正賞は日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、ブリーダーズカップチャレンジ賞。
旧名称はフェブラリーハンデキャップ(1984~1993)。
備考…フェブラリーステークスは、1984年にGⅢとして創設された日本中央競馬会が東京競馬場で施行するサラ系4歳以上中央競馬の重賞競走。
1994年にGⅡ昇格され1997年にGⅠに昇格された。
2016年にブリーダーズカップ・チャレンジ指定競走となった。
外国馬、およびレーティング順位の上位5頭は優先出走できる。また、東海ステークス、根岸ステークスの1着馬に優先出走権がある。
フェブラリーは英語で2月の意味。



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail