KeibaList

第78回 皐月賞 (G1)

サラ系3歳 オープン 3回中山8日15:40発走 芝:稍重
2000m 曇 右 牡・牝 (国際) 定量 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
4 7 エポカドーロ 牡3 戸崎圭太 2:00.8 54.6 04-04-04-04 35.1 36.73 57.0 492(±0) 7 14.5 藤原英昭 1億3487万
2 7 14 サンリヴァル 牡3 藤岡佑介 2:01.1 54.6 05-05-05-05 35.2 36.81 57.0 488(-12) 9 24.6 藤岡健一 5111万
3 5 10 ジェネラーレウーノ 牡3 田辺裕信 2:01.4 1.3/4 45.5 02-02-02-02 37.6 35.91 57.0 496(±0) 8 17.8 矢野英一 3155万
4 8 15 ステルヴィオ 牡3 C.ルメール 2:01.4 クビ 56.7 14-14-14-13 34.8 37.11 57.0 460(-6) 2 3.7 木村哲也 1700万
5 3 5 キタノコマンドール 牡3 M.デムーロ 2:01.4 ハナ 56.7 11-14-14-13 34.8 37.11 57.0 502(+12) 3 6.3 池江泰寿 1100万
6 6 12 グレイル 牡3 岩田康誠 2:01.4 ハナ 56.7 16-14-14-13 34.8 37.11 57.0 494(±0) 10 25.1 野中賢二
7 1 2 ワグネリアン 牡3 福永祐一 2:01.6 1.1/2 55.2 11-11-10-12 35.2 37.03 57.0 452(+2) 1 3.5 友道康夫
8 3 6 アイトーン 牡3 国分恭介 2:01.8 43.4 01-01-01-01 38.3 35.79 57.0 472(-2) 12 70.7 五十嵐忠男
9 2 3 ジャンダルム 牡3 武豊 2:01.8 アタマ 54.6 11-11-10-11 35.4 37.03 57.0 492(+8) 4 9.6 池江泰寿
10 1 1 タイムフライヤー 牡3 内田博幸 2:01.9 3/4 53.1 08-08-08-07 35.8 36.90 57.0 454(-4) 6 12.3 松田国英
11 4 8 ケイティクレバー 牡3 浜中俊 2:02.0 クビ 52.0 05-05-05-05 36.1 36.81 57.0 444(-2) 11 54.3 安田翔伍
12 5 9 オウケンムーン 牡3 北村宏司 2:02.2 1.1/4 53.4 14-11-10-07 35.8 37.03 57.0 454(-4) 5 9.7 国枝栄
13 6 11 マイネルファンロン 牡3 柴田大知 2:02.3 3/4 51.5 07-07-05-07 36.3 36.86 57.0 460(+2) 13 151.8 手塚貴久
14 7 13 ダブルシャープ 牡3 和田竜二 2:02.5 51.4 08-08-08-07 36.4 36.90 57.0 466(-6) 14 159.5 渡辺薫彦
15 8 16 ジュンヴァルロ 牡3 大野拓弥 2:03.1 41.4 02-02-02-03 39.3 35.91 57.0 486(±0) 15 315.0 友道康夫
16 2 4 スリーヘリオス 牡3 柴田善臣 2:04.4 47.1 08-08-10-16 38.1 36.99 57.0 484(+4) 16 410.4 村山明

ラップタイム

12.6 - 11.0 - 11.9 - 11.5 - 12.2 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 12.7 - 12.2
平均1F:11.60 平均3F:34.80 RPCI:40.43 PCI3:51.00

通過タイム

12.6 - 23.6 - 35.5 - 47.0 - 59.2 - 71.1 - 83.5 - 95.9 - 108.6 - 120.8
73.8 - 61.6 - 49.7 - 37.3(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 7 1,450 7
複勝 7 430 7
10 530 8
14 580 9
枠連 4-7 9,520 28
馬連 7-14 12,880 38
方式 馬番 配当 人気
馬単 7-14 23,570 75
ワイド 7-10 3,010 33
7-14 3,250 37
10-14 4,290 43
三連複 7-10-14 53,410 134
三連単 7-14-10 372,080 821

レース動画




コーナー通過

1コーナー 6(10,16)=7(8,14)11(4,1,13)(3,2,5)(9,15)12
2コーナー 6(10,16)=7(8,14)11(4,1,13)(9,3,2)(12,15,5)
3コーナー 6(10,16)=7(8,14,11)(1,13)(4,9,3,2)(12,15,5)
4コーナー 6,10,16=7(8,14)(9,1,13,11)3,2(12,15,5)4

レース後のコメント

  • 1着 エポカドーロ戸崎圭太騎手
    「とても嬉しいです。素直な馬です。何頭か主張する馬がいると思っていたので、先生とその後ろの位置でと話していました。馬は落ち着いていて、返し馬から違いました。力強かったです。4コーナーを回る時も手応えが良かったです。距離は心配でしたが、強い競馬を見せてくれたので問題ないと思います。充実していますし、レースの度に成長しています。乗りやすい馬です。」
  • 2着 サンリヴァル藤岡佑介騎手
    「思った以上に前が飛ばす展開で、4コーナーで離されてしまいました。そこがポイントでした。よく追い上げていますが、勝ち馬は流していましたから強かったです。ギアがもう1つあればと思います。」
  • 3着 ジェネラーレウーノ田辺裕信騎手
    「マイペースに持ち込んで突き放せる形ならもっと良かったと思います。気分屋な馬なので無理に抑えこまず走らせました。それにしても、あの位置に力まずにつけられたことがすごいです。」
  • 3着 ジェネラーレウーノ矢野英一調教師
    「かかり気味の馬に引っ張られた。3着は評価していいのかな。スタミナがあることは分かったね。底が見えない馬。ダービーへどう調整する。」
  • 4着 ステルヴィオC.ルメール騎手
    「スタートしてから後ろのポジションになり、(4番手以降の)ペースが上がらなかったことが厳しかったです。一生懸命に走っていて直線の反応も素晴らしかったのですが、前は止まりませんでした。」
  • 5着 キタノコマンドールM.デムーロ騎手
    「あの展開では厳しいです。落ち着いてスタートも出ましたし、状態はすごく良かったです。最後は瞬発力がなくなってしまいました。」
  • 6着 グレイル岩田康誠騎手
    「ゲートのタイミングだけですね。最後はよく伸びていますし、よく頑張っています。」
  • 7着 ワグネリアン福永祐一騎手
    「前回より落ち着いていて、雰囲気も良かったです。スタートもしっかり出てくれて、打ち合わせた通りのポジションを取れました。しかし、4コーナーで仕掛けたときに加速しきれず、そのままゴールをむかえるまで加速しきらないままでした。理由は明らかではありませんが、もしかすると軟らかい馬場が影響したのかもしれません。直線でも勝ち馬とそこまで離されていなかったのですが、届かず残念でした。」
  • 8着 アイトーン国分恭介騎手
    「スタートして下げても仕方がない馬なので、自分の競馬をした。まだ気持ちが幼いから、これから成長してくれれば。」
  • 9着 ジャンダルム武豊騎手
    「スタートが痛恨でした。前につけようと思っていましたが、ポジションを取れませんでした。」
  • 9着 ジャンダルム池江泰寿調教師
    「直線でもたれたところを修正していきたい。距離は延びても全然問題ないし、全体的な能力が高い馬。」
  • 10着 タイムフライヤー内田博幸騎手
    「行きすぎず、下げすぎず。馬場のいいところを運べたんだけど…。」
  • 11着 ケイティクレバー浜中俊騎手
    「行かない形の競馬も身に付けられそう。これからの馬。」
  • 12着 オウケンムーン北村宏司騎手
    「スタートで立ち遅れました。1~2コーナーでペースが上がらなそうだと感じて、内からロスなく進めようと考えました。道中上がっていったことで体力を使ってしまったのか、坂を登ってからは苦しかったです。」
  • 13着 マイネルファンロン柴田大知騎手
    「すごくいい感じでスムーズに競馬ができた。まだここに入るときついのかも。」
  • 15着 ジュンヴァルロ大野拓弥騎手
    「一息で走っている感じ。距離を詰めた方がいいかも。」
  • 16着 スリーヘリオス柴田善臣騎手
    「距離が長いかな。」

皐月賞(さつきしょう)のその他情報…

正賞は内閣総理大臣賞,日本馬主協会連合会会長賞,中山馬主協会賞。
旧名称は横浜農林省賞典四歳呼馬(1939-1943),農商省賞典四歳(1944-1946),農林省賞典(1947-1948),皐月賞(1949~)。
備考…皐月賞は1939年にイギリスの2000ギニーを模範として4歳 (現4歳)の牡馬と牝馬に限定した競走として創設された。
セン馬は出走できない。
1984年にGIに格付け。
「最もはやい馬が勝つ」と言われる。
芝1850m(1939-1942),芝1800m(1943-1944),芝2000m(1947-1948,1950~),芝1950m(1949)




コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail