KeibaList

第54回 金鯱賞 (G2)

サラ系4歳以上 オープン 2回中京2日15:25発走 芝:稍重
2000m 晴 左 (国際) 別定 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
8 9 スワーヴリチャード 牡4 M.デムーロ 2:01.6 61.3 03-03-02-02 33.8 37.63 57.0 520(+10) 1 1.6 庄野靖志 6269万
2 4 4 サトノノブレス 牡8 幸英明 2:01.7 1/2 59.2 01-01-01-01 34.3 37.46 56.0 510(…) 8 89.2 池江泰寿 2520万
3 5 5 サトノダイヤモンド 牡5 C.ルメール 2:01.9 62.2 05-05-05-06 33.7 37.80 57.0 506(…) 2 3.3 池江泰寿 1610万
4 1 1 ヤマカツエース 牡6 池添謙一 2:02.3 2.1/2 59.5 03-03-03-03 34.4 37.67 57.0 522(+12) 3 8.5 池添兼雄 930万
5 6 6 ダッシングブレイズ 牡6 北村宏司 2:02.4 1/2 59.6 02-02-03-03 34.4 37.71 56.0 512(+2) 6 35.4 吉村圭司 620万
6 3 3 ブレスジャーニー 牡4 三浦皇成 2:02.5 3/4 59.8 06-06-05-05 34.4 37.76 56.0 456(-10) 5 13.7 佐々木晶三
7 7 7 デニムアンドルビー 牝8 D.バルジュー 2:02.5 クビ 61.1 09-08-07-07 34.1 37.89 54.0 454(+2) 7 47.0 角居勝彦
8 2 2 メートルダール 牡5 福永祐一 2:02.9 2.1/2 59.8 06-07-07-07 34.5 37.89 56.0 482(+2) 4 9.9 戸田博文
9 8 8 アクションスター 牡8 太宰啓介 2:03.0 1/2 61.3 08-09-09-09 34.2 38.06 56.0 476(-4) 9 393.8 音無秀孝

ラップタイム

13.3 - 11.9 - 13.1 - 12.9 - 11.8 - 12.4 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 11.6
平均1F:11.70 平均3F:35.10 RPCI:53.76 PCI3:60.67

通過タイム

13.3 - 25.2 - 38.3 - 51.2 - 63.0 - 75.4 - 87.4 - 98.8 - 110.0 - 121.6
70.4 - 58.6 - 46.2 - 34.2(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 9 160 1
複勝 4 520 8
5 140 2
9 110 1
枠連 4-8 5,360 14
馬連 4-9 5,860 14
方式 馬番 配当 人気
馬単 9-4 7,380 18
ワイド 4-5 1,740 19
4-9 1,120 13
5-9 180 1
三連複 4-5-9 4,000 13
三連単 9-4-5 24,410 73

レース動画




コーナー通過

1コーナー 4,6(1,9)5(3,2)-8,7
2コーナー 4-6(1,9)5,3,2,7,8
3コーナー 4-9(1,6)(3,5)(7,2)8
4コーナー 4-9(1,6)3,5(7,2)-8

レース後のコメント

  • 1着 スワーヴリチャード庄野靖志調教師
    「馬がいい意味でズルくなったような感じです。力通りに勝ち切ってくれて良かったです。胸前が盛り上がってきたりして、成長分があったと思います。次走は大阪杯を考えています。GIを取らせたいです。」
  • 1着 スワーヴリチャードM.デムーロ騎手
    「素晴らしいです。強いです。初めて乗った時からすごくいい馬と思っていました。外枠で前走のような形にはしたくないと思って、早めに動いて行きました。作戦通りです。(馬体の増量は)成長分だと思います。また頑張ります。」
  • 2着 サトノノブレス幸英明騎手
    「スムースに行けて、最後まで頑張ってくれました。惜しかったです。」
  • 3着 サトノダイヤモンドC.ルメール騎手
    「反応が少し遅かったですが、ラスト150mくらいは良かったと思います。リズムがまだ良くないところがあります。次走はもっと良くなると思います。」
  • 4着 ヤマカツエース池添謙一騎手
    「少し太かったと思います。返し馬から息遣いが良くなかったですし、スムースに動けませんでした。」
  • 5着 ダッシングブレイズ北村宏司騎手
    「好位から進められましたが、道中もう少し流れてくれると良かったです。その中でも頑張っています。」
  • 6着 ブレスジャーニー三浦皇成騎手
    「ゲートはいつもあんな感じの馬です。良くなってきた分、すぐ馬群に取りつくことが出来ました。パンパンの良馬場の方がいい馬ですが、今日は脚を取られながらも走ってくれました。これから良くなってきそうです。」
  • 7着 デニムアンドルビー角居勝彦調教師
    「後ろから行く馬なのでペースが向きませんでした。長いこと頑張ってくれた。(今後はノーザンファームで繁殖入りするが)能力が高い馬なので、いい子供を出してくれそう。」
  • 7着 デニムアンドルビーD.バルジュー騎手
    「最後まで頑張って走ってくれました。」
  • 8着 メートルダール福永祐一騎手
    「スローペースになることは分かっていました。手応えがあれば早めに動いて行く形もありましたが...。最後も離されていますし、こんなはずではないのですが...。」
  • 9着 アクションスター太宰啓介騎手
    「現状の力は出せたと思います。」

金鯱賞(きんこしょう)のその他情報…

旧名称は金鯱賞(1965-1969),博多ステークス(1970),金鯱賞(1971-1973),東海テレビ杯金鯱賞(1974-1996)。
備考…金鯱賞は、1965年に創設された日本中央競馬会が中京競馬場で施行するサラ系4歳以上の馬による中央競馬の重賞競走。
1984年にグレード制施行によりGⅢに格付けされ、1996年GⅡに格上げされた。
 開催月は2012年より12月になり、2017年より3月に変更され、大阪杯への優先出走権が付与される。
大阪杯のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は大阪杯の出走候補馬に優先出走が認められている。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬に大阪杯の優先出走権が与えられる

<砂1800m(1965-1969),芝1800m(1970-1978),芝2000m(1979),芝1800m(1980-1995),芝2000m(1996~)>
金鯱は名古屋城の天守閣の屋根に載る金鯱できんしゃち、きんこ、きんのしゃちほこなどと呼ばれる。




コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail