KeibaList
 [前日] ←  2018年1月7日(日) → [翌日] 

万葉ステークス (特別競走)

サラ系4歳以上 オープン 1回京都2日15:45発走 芝:良
3000m 晴 右外 (混合) ハンデ



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
6 6 トミケンスラーヴァ 牡8 秋山真一郎 3:07.0 55.6 02-02-01-02 35.8 37.80 52.0 506(+2) 7 17.0 竹内正洋 2423万
2 7 7 リッジマン 牡5 古川吉洋 3:07.1 1/2 56.8 06-06-06-03 35.5 37.90 52.0 448(-8) 3 5.1 庄野靖志 967万
3 2 2 プロレタリアト 牝7 杉原誠人 3:07.3 55.4 04-04-04-03 35.9 37.85 51.0 444(+2) 2 4.8 小島茂之 603万
4 1 1 サンマルホーム 牡8 川又賢治 3:07.3 クビ 58.0 08-08-08-07 35.2 38.03 49.0 450(-4) 8 56.4 山内研二 360万
5 4 4 グランアルマダ 牡6 松山弘平 3:07.6 1.3/4 53.8 01-01-02-01 36.4 37.80 54.0 530(+4) 5 7.2 西園正都 240万
6 5 5 タマモベストプレイ 牡8 川田将雅 3:08.5 53.1 04-04-04-06 36.8 37.93 57.0 490(+6) 1 2.6 南井克巳
7 8 8 トウシンモンステラ 牡8 岩田康誠 3:08.6 1/2 53.8 06-06-06-07 36.6 38.00 53.0 490(+10) 6 12.2 村山明
8 8 9 ラブラドライト セン9 酒井学 3:08.6 クビ 51.7 03-03-03-03 37.2 37.85 53.0 496(-6) 4 6.0 斉藤崇史
9 3 3 サイモントルナーレ 牡12 松若風馬 3:09.8 52.9 09-09-09-09 37.1 38.18 48.0 452(-2) 9 115.1 加藤和宏

ラップタイム

12.9 - 11.8 - 12.0 - 12.9 - 12.2 - 12.7 - 13.3 - 13.4 - 13.0 - 13.2 - 12.3 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 12.3
平均1F:12.00 平均3F:36.00 RPCI:50.70 PCI3:55.33

通過タイム

12.9 - 24.7 - 36.7 - 49.6 - 61.8 - 74.5 - 87.8 - 101.2 - 114.2 - 127.4 - 139.7 - 151.2 - 162.8 - 174.7 - 187.0
72.8 - 59.6 - 47.3 - 35.8(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 6 1,700 7
複勝 2 160 2
6 380 7
7 180 3
枠連 6-7 4,150 14
馬連 6-7 3,820 18
方式 馬番 配当 人気
馬単 6-7 9,040 37
ワイド 2-6 1,160 17
2-7 460 6
6-7 1,240 18
三連複 2-6-7 6,040 26
三連単 6-7-2 51,230 179

レース動画




コーナー通過

1コーナー 4=6,9(2,5)(7,8)-1-3
2コーナー 4=6,9(2,5)(7,8)1,3
3コーナー (4,*6)9(2,5)(7,8)-1-3
4コーナー (*4,6)(2,9,7)5(1,8)-3

レース後のコメント

  • 1着 トミケンスラーヴァ秋山真一郎騎手
    「血統は短いところ(タイキシャトル産駒)ですけど、穏やかですからね。2回続けていいタイミングで乗せてもらいました。」
  • 1着 トミケンスラーヴァ竹内正洋調教師
    「この前は道悪でしたが、良馬場の方がいいですね。折り合いもついて操縦性が高いのが持ち味。左回りがいい馬じゃない。」
  • 2着 リッジマン古川吉洋騎手
    「3コーナーの下りから早めに動いて行こうと思っていました。ロスなく内で我慢して、いいタイミングで動いていけたと思いましたが、前との差が詰まりそうで詰まりませんでした。勝ち馬はしぶとかったですね。でも格上挑戦で本当によく頑張っています。」
  • 3着 プロレタリアト杉原誠人騎手
    「流れに乗っていい感じで運べました。直線は"これは!"と思いましたが、勝ち馬がしぶとかったですね。この馬もラストまで頑張ってくれただけに何とかしたかったです。」
  • 4着 サンマルホーム川又賢治騎手
    「乗り替わりでよく分からないところもあったので、とにかくリラックスして走らせることを心がけました。乗りやすい馬で、掛かるところもありませんでした。いい伸び脚でした。能力のある馬です。」
  • 5着 グランアルマダ松山弘平騎手
    「いい形で逃げられましたが、3コーナー手前で差が詰まって苦しくなりました。直線に向いた時点でセーフティリードが欲しかったです。」

コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail