KeibaList

第111回 京都記念 (G2)

サラ系4歳以上 オープン 2回京都6日15:35発走 芝:重
2200m 晴 右外 (国際) 別定



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
4 4 クリンチャー 牡4 藤岡佑介 2:16.3 54.1 04-03-02-04 36.1 37.58 55.0 486(+4) 4 10.5 宮本博 6270万
2 8 10 アルアイン 牡4 川田将雅 2:16.5 53.9 05-05-06-04 36.2 37.61 57.0 522(+2) 3 6.6 池江泰寿 2520万
3 6 6 レイデオロ 牡4 D.バルジュー 2:16.5 クビ 53.1 06-06-02-03 36.4 37.54 57.0 488(+4) 1 1.6 藤沢和雄 1610万
4 5 5 モズカッチャン 牝4 M.デムーロ 2:16.5 ハナ 55.1 08-07-07-07 35.9 37.73 54.0 480(+4) 2 5.2 鮫島一歩 930万
5 2 2 ケントオー 牡6 小牧太 2:16.8 54.2 08-09-09-06 36.2 37.73 56.0 470(+6) 9 189.4 西橋豊治 620万
6 3 3 ディアドラ 牝4 福永祐一 2:17.3 53.2 07-07-08-07 36.6 37.76 54.0 500(+8) 6 12.5 橋田満
7 8 9 ミッキーロケット 牡5 松若風馬 2:17.4 3/4 50.6 03-03-02-02 37.3 37.54 56.0 488(+2) 7 19.7 音無秀孝
8 7 7 クロコスミア 牝5 岩田康誠 2:17.4 クビ 50.3 01-01-01-01 37.4 37.50 54.0 434(+6) 5 12.3 西浦勝一
9 7 8 アクションスター 牡8 太宰啓介 2:19.5 大差 48.0 10-10-10-09 38.6 37.84 56.0 480(±0) 10 448.5 音無秀孝
10 1 1 プリメラアスール 牝6 酒井学 2:20.0 45.1 02-02-02-09 39.6 37.65 54.0 508(-4) 8 140.3 鈴木孝志

ラップタイム

12.5 - 11.5 - 13.3 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 12.3
平均1F:12.00 平均3F:36.00 RPCI:48.86 PCI3:53.33

通過タイム

12.5 - 24.0 - 37.3 - 50.3 - 63.0 - 75.6 - 87.8 - 100.0 - 112.2 - 124.0 - 136.3
73.3 - 60.7 - 48.5 - 36.3(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 4 1,050 4
複勝 4 180 4
6 110 1
10 170 3
枠連 4-8 2,510 9
馬連 4-10 2,830 11
方式 馬番 配当 人気
馬単 4-10 6,760 24
ワイド 4-6 300 3
4-10 680 11
6-10 240 1
三連複 4-6-10 1,260 4
三連単 4-10-6 16,450 59

レース動画




コーナー通過

1コーナー 7-1,9,4,10,6,3(2,5)8
2コーナー 7,1(4,9)10-6-(3,5)2,8
3コーナー 7(4,1,9,6)10,5,3,2,8
4コーナー (*7,9)6(4,10)2(5,3)(1,8)

レース後のコメント

  • 1着 クリンチャー宮本博調教師
    「思った以上に進化している。自信になるよ。」
  • 1着 クリンチャー藤岡佑介騎手
    「レイデオロなどが外目につけてるなと思ったので、インで我慢して今までと違う競馬だったけどよく応えてくれた。直線は馬の間に入って差しきろうという意欲を見せてくれた。強かったと思います。この先にかなり自信を持てる内容でした。あとはG1タイトルだけ。なんとかこの馬でと思っている。」
  • 2着 アルアイン川田将雅騎手
    「菊花賞以来としては内容もよく、頑張ってくれました。目標とするダービー馬は捕まえてくれたんですけどね。これが大阪杯につながると思います。」
  • 3着 レイデオロ藤沢和雄調教師
    「もっと楽な感じでレースが出来るかと思っていたのですが、スッと出て行ったのが良くなかったのか、引っ掛かっていたようです。今日(の敗因)はそれだけです。もう一度馬を作り直します。」
  • 3着 レイデオロD.バルジュー騎手
    「向こう正面でペースが落ちたときにハミをかんでしまった。それでも4コーナーはいい手応えで回ってこれた。ただ、久々のぶんか、直線はじりじりとしか伸びなかった。」
  • 4着 モズカッチャンM.デムーロ騎手
    「よく頑張って走っています。3コーナーから内に入った時に少しゴチャついて、直線で先頭に立った後は少し疲れた感じになりました。それでも強い相手に対していいレースでした。」
  • 5着 ケントオー小牧太騎手
    「こういう馬場も合うし、展開もうまくいった。でも、だいぶ、力をつけていることも確かだよ。」
  • 6着 ディアドラ福永祐一騎手
    「流れには乗れたけど、追ってから伸びてくれなかった。初めてなのでよくわからないけど、太め感もなかったし…。」
  • 7着 ミッキーロケット松若風馬騎手
    「考えていた位置で運べましたが、レイデオロに外から早めに来られたぶん、しまいが甘くなってしまいました。」
  • 8着 クロコスミア岩田康誠騎手
    「ハナには立てましたが、少し力んでいました。すごくいい仕上がりでしたし、リラックスして走らせたかった。」
  • 9着 アクションスター太宰啓介騎手
    「じりじりと脚は使ってくれています。」
  • 10着 プリメラアスール酒井学騎手
    「絶好のスタートを切れましたが、勢いがつかなくて番手からの形になりました。包まれないように外へ出しましたが、終始外に張るところがありました。休み明けの分か、動き切れなくて馬の気持ちが切れたように感じました。」

京都記念(きょうときねん)のその他情報…

正賞は農林水産大臣賞。
旧名称は京都記念(春)(1942-1958),農林省賞典 京都記念(春)(1959-1978),農林水産省賞典 京都記念(春)(1979-1983),農林水産省賞典 京都記念(1984~)。
備考…京都記念は、1942年に京都記念(春)として創設された日本中央競馬会が京都競馬場で施行するサラ系4歳以上の馬による中央競馬の重賞競走。
芝3500m(1942-1943),芝3000m(1948-1950),芝2400m(1951),芝2200m(1952-1954),芝2000m(1955-1964),芝2200m(1965-1968),芝2400m(1969-1989),芝2500m(1990),芝2400m(1991-1993),芝2200m(1994~)

京都記念(秋)は1984年に廃止となっている。




コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail