KeibaList
 [前日] ←  2019年2月10日(日) → [翌日] 

第53回 共同通信杯 (G3)

サラ系3歳 オープン 1回東京6日15:45発走 芝:良
1800m 晴 左 (国際) 別定 (特指)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
1 1 ダノンキングリー 牡3 戸崎圭太 1:46.8 62.3 03-04-04 32.9 36.95 56.0 454(+4) 3 4.2 萩原清 3825万
2 4 4 アドマイヤマーズ 牡3 M.デムーロ 1:47.0 1.1/4 59.7 01-01-01 33.5 36.75 57.0 478(+8) 1 1.7 友道康夫 1507万
3 6 6 クラージュゲリエ 牡3 武豊 1:47.6 59.6 04-05-04 33.7 36.95 57.0 488(+12) 4 6.9 池江泰寿 954万
4 5 5 フォッサマグナ 牡3 C.ルメール 1:47.7 3/4 58.4 02-02-02 34.0 36.85 56.0 468(+2) 2 4.1 藤沢和雄 570万
5 7 7 ゲバラ 牡3 大野拓弥 1:47.8 1/2 60.9 07-07-07 33.5 37.15 56.0 478(-2) 5 30.8 伊藤大士 380万
6 2 2 マードレヴォイス 牡3 三浦皇成 1:48.0 59.3 05-06-06 33.9 37.05 56.0 460(±0) 7 155.8 田村康仁
7 3 3 ナイママ 牡3 柴田大知 1:48.0 ハナ 57.4 06-02-02 34.3 36.85 56.0 448(-2) 6 63.0 河津裕昭

ラップタイム

13.1 - 11.7 - 12.3 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.0 - 11.1
平均1F:11.67 , 平均3F:36.75 , RPCI:60.36 , PCI3:60.00

通過タイム

13.1 - 24.8 - 37.1 - 49.5 - 61.5 - 73.5 - 84.7 - 95.7 - 106.8
69.7 - 57.3 - 45.3 - 33.3(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 1 420 3
複勝 1 160 3
4 110 1
馬連 1-4 330 1
方式 馬番 配当 人気
馬単 1-4 800 5
ワイド 1-4 150 2
1-6 280 5
4-6 160 3
三連複 1-4-6 390 2
三連単 1-4-6 2,170 9

レース動画




コーナー通過

2コーナー (*4,5)1,6,2,3-7
3コーナー 4(5,3)1,6-2-7
4コーナー 4(5,3)(1,6)2,7

レース後のコメント

  • 1着 ダノンキングリー萩原清調教師
    「強い競馬でした。いいスピードを見せてくれたと思います。」
  • 1着 ダノンキングリー戸崎圭太騎手
    「馬が良くなっていましたし、一戦ごとに何か必ず成長が感じられます。アドマイヤマーズを見る良い形で行けて負かすことができましたから、この先が楽しみです。自分自身も今年初めて重賞を勝てましたから嬉しいですね。」
  • 2着 アドマイヤマーズ友道康夫調教師
    「初めての1800mでハナに行く形になって厳しかったですね。それでもしのげるかと思いましたが、勝った馬はあの切れ味ですから、勝った馬は強かったです。2、3番手ならまた違っていたと思うのですが...。ジョッキーは距離は大丈夫と言っていましたし、このあとは予定通り皐月賞へ行きます。」
  • 2着 アドマイヤマーズM.デムーロ騎手
    「初めての東京、1800mで色々と考えて乗りました。もう少しハイペースだったら違っていたかもしれません。残念です。」
  • 3着 クラージュゲリエ武豊騎手
    「レース前はイレ込んでいましたが、レースでは折り合いもついて、良い感じでした。最後も伸びていますが、現時点では切れ味の差だと思います。」
  • 4着 フォッサマグナC.ルメール騎手
    「2番手でリラックスしていましたし、マイペースで運べました。直線の入りでは良い反応をしましたが、ラストの200mで馬が疲れました。距離が少し長かったように思います。今日が2戦目でまだまだ良くなります。」
  • 5着 ゲバラ大野拓弥騎手
    「直線の反応はとても良かったです。しっかりしてくれば、もうひと伸びがきくと思います。少しずつ良くなっています。」
  • 6着 マードレヴォイス三浦皇成騎手
    「道中リラックスしていましたし、最後まで伸びています。3着馬とは差がないところでした。力をつけています。」
  • 7着 ナイママ柴田大知騎手
    「長く脚を使わせるイメージだった。ペースがゆっくりで好位をとって、早めに仕掛けていきましたが、この上がり(レースのラスト3ハロン33秒3)ですから。この馬もよくなって、最後はしっかり走れています。」

共同通信杯(きょうどうつんしんはい)のその他情報…

正賞は共同通信社賞。
旧名称は東京4歳ステークス(1967-1982),共同通信杯4歳ステークス(1983-2000)。
備考…共同通信杯は、1967年に創設された日本中央競馬会が東京競馬場で施行するサラ系3歳馬による中央競馬の重賞競走。
1967年に東京4歳ステークスの名称で創設
1969年以降トキノミノル記念の副賞をつけている
芝1400m(1967),ダート1700m(1968),芝1600m(1969),ダート1600m(1970),芝1800m(1971-1997),ダート1600m(1998),芝1800m(1999~)
共同通信社はニュースや情報などを配信、販売する会社。
副賞であるトキノミノルは1951年の皐月賞と日本ダービーの優勝馬で日本ダービーの17日後に破傷風で死亡している。




コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail