KeibaList

第24回 シルクロードステークス (G3)

サラ系4歳以上 オープン 2回京都2日15:35発走 芝:良
1200m 晴 右 (国際) ハンデ [指定]



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
1 2 ダノンスマッシュ 牡4 北村友一 1:08.3 49.7 05-05 34.2 34.10 56.5 474(+4) 1 2.0 安田隆行 3964万
2 4 8 エスティタート 牝6 浜中俊 1:08.5 1.1/4 52.1 14-09 33.9 34.60 53.0 462(+8) 11 45.1 松永幹夫 1618万
3 8 18 ティーハーフ 牡9 国分恭介 1:08.5 クビ 53.3 16-15 33.7 34.80 57.0 474(+2) 12 71.6 西浦勝一 989万
4 8 16 アンヴァル 牝4 松山弘平 1:08.5 クビ 50.3 08-07 34.2 34.30 53.0 464(-4) 3 10.5 藤岡健一 590万
5 8 17 アレスバローズ 牡7 川田将雅 1:08.7 1.1/4 50.3 09-05 34.3 34.40 57.5 504(+8) 10 37.1 角田晃一 390万
6 7 13 ダイメイプリンセス 牝6 秋山真一郎 1:08.8 3/4 50.6 13-12 34.3 34.50 55.0 502(-4) 8 20.6 森田直行
7 5 9 ペイシャフェリシタ 牝6 三浦皇成 1:08.9 3/4 49.7 09-14 34.5 34.40 54.0 494(±0) 6 17.6 高木登
8 3 5 ビップライブリー 牡6 高倉稜 1:09.0 1/2 48.3 05-07 34.8 34.20 55.0 472(-4) 14 93.5 清水久詞
9 4 7 リョーノテソーロ 牡4 坂井瑠星 1:09.2 1.1/4 48.9 09-12 34.8 34.40 54.0 512(±0) 7 19.8 武井亮
10 6 12 ライトフェアリー 牝7 川須栄彦 1:09.2 ハナ 48.3 05-09 34.9 34.30 53.0 482(+10) 17 323.0 石毛善彦
11 1 1 ナインテイルズ 牡8 福永祐一 1:09.3 3/4 48.0 09-09 35.0 34.30 56.0 488(-2) 4 14.5 中村均
12 6 11 サイタスリーレッド 牡6 田中健 1:09.5 50.3 14-17 34.7 34.80 57.0 494(±0) 16 138.9 池添兼雄
13 2 4 キングハート 牡6 中谷雄太 1:09.5 アタマ 50.3 18-17 34.7 34.80 56.0 500(-6) 15 111.7 星野忍
14 3 6 ラインスピリット 牡8 森一馬 1:09.6 クビ 45.0 02-02 35.7 33.90 56.5 450(+4) 9 30.1 松永昌博
15 7 14 セイウンコウセイ 牡6 池添謙一 1:09.6 アタマ 41.7 01-01 36.3 33.30 58.0 508(+10) 5 15.7 上原博之
16 2 3 フミノムーン 牡7 国分優作 1:09.6 クビ 49.4 16-15 34.9 34.70 54.0 454(-2) 13 79.7 西浦勝一
17 7 15 トウショウピスト 牡7 古川吉洋 1:09.7 1/2 45.2 04-04 35.7 34.00 55.0 488(-12) 18 347.3 土田稔
18 5 10 ラブカンプー 牝4 M.デムーロ 1:10.8 41.9 02-02 36.9 33.90 54.0 444(+8) 2 4.3 森田直行

ラップタイム

11.9 - 10.3 - 11.1 - 11.4 - 11.7 - 11.9
平均1F:10.83 , 平均3F:33.30 , RPCI:45.14 , PCI3:51.33

通過タイム

11.9 - 22.2 - 33.3 - 44.7 - 56.4 - 68.3
68.3 - 56.4 - 46.1 - 35(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 2 200 1
複勝 2 130 1
8 700 10
18 890 12
枠連 1-4 1,410 7
馬連 2-8 4,530 15
方式 馬番 配当 人気
馬単 2-8 6,610 21
ワイド 2-8 1,520 14
2-18 2,640 24
8-18 19,490 104
三連複 2-8-18 73,350 179
三連単 2-8-18 248,250 621

レース動画




コーナー通過

3コーナー 14-(10,6)15(2,5,12)16(1,7,9,17)13(11,8)(3,18)4
4コーナー 14-(10,6)15(2,17)(5,16)(1,12,8)(7,13)9(3,18)(4,11)

レース後のコメント

  • 1着 ダノンスマッシュ安田隆行調教師
    「ロードカナロアに似てきたかも。力がなかったらあそこで終わってしまうから。今後もお父さんの影を踏みながらいきたい。ジョッキーには初めてのJRA・G1勝ちをプレゼントしたい。」
  • 1着 ダノンスマッシュ北村友一騎手
    「前走とは違い、今回は負けられないという気持ちでした。これで本番にいい形で向かえますから、勝ててホッとしています。今日はスタートが良く、馬も落ち着いていました。ラブカンプーを見ながらのレースでしたが、手応えが怪しくなり、外に切り替えたのが良かったです。その切り替える時に、馬が落ち着いて反応が良かったことが収穫です。大舞台を目標に無事にここまで来ることが出来ました。次も期待を持って、人馬ともに頑張りたいです。」
  • 2着 エスティタート浜中俊騎手
    「前の馬が飛ばして展開が向くかと思ったのですが、今日は勝ち馬をほめるしかありません。でも、これだけ実績のあるメンバーの中での2着ですから、本当に頑張っています。」
  • 3着 ティーハーフ国分恭介騎手
    「馬は状態が良いと聞いていて、具合さえ良ければこれくらいは走ると思っていました。9歳ですが、体も柔らかく、賢い馬です。」
  • 4着 アンヴァル松山弘平騎手
    「中団のいい位置で脚をためて、いい形だったのですが、後続の馬に早めに来られて、思っていたより早いタイミングで動いて苦しい展開になりました。その中で盛り返しているのですから頑張っています。」
  • 5着 アレスバローズ川田将雅騎手
    「負担重量、枠順も厳しかったのですが、近走を考えればよく頑張っています。このレースが次につながればと思います。」
  • 6着 ダイメイプリンセス秋山真一郎騎手
    「スプリンターズSの時はだいぶ疲れていたが、今回は疲れが抜けていい状態だった。下りでコーナーを回るのが苦手だが、頑張っている。去年の夏みたいに使っていって状態が戻ってくれば。」
  • 7着 ペイシャフェリシタ三浦皇成騎手
    「ゲートは出ましたが、他の馬に寄られて位置取りが悪くなってしまいました。ラストは前が空くと伸びていただけにもったいなかったですね。状態も良かったですから。」
  • 8着 ビップライブリー高倉稜騎手
    「ゲートで両サイドから寄られて、コーナーに入るまで馬がエキサイトしてしまいました。直線、ハミも外れて、最後に向かって気持ちが向かない不完全燃焼のレースになってしまいました。残念です。」
  • 9着 リョーノテソーロ坂井瑠星騎手
    「ゲートは出て、道中もリズム良く運べました。最後のコーナーでは突き抜けそうな脚は残っていましたが、進路を見出すことが出来ませんでした。」
  • 10着 ライトフェアリー川須栄彦騎手
    「欲しかったポジションより一列後ろになりましたが、7歳牝馬とはいえ、まだまだ活気がありますね。」
  • 11着 ナインテイルズ福永祐一騎手
    「勝ち馬の後ろで脚をためてレースを運びましたが、反応がありませんでした。勝ち馬について行けませんでした。」
  • 13着 キングハート中谷雄太騎手
    「ゲートで座ってしまって出られなかった。直線も前が壁になって何もできず…。外を回して間に合う感じじゃなかったので、イチかバチか内へ行ったが、どこも開かなかった。」
  • 14着 ラインスピリット森一馬騎手
    「スタートが良くて、自分の形で運べましたが、最後でバッタリ止まってしまいました。」
  • 15着 セイウンコウセイ池添謙一騎手
    「ブリンカーが利きすぎて、ハミをがっつり噛んでオーバーペースになってしまいました。」
  • 16着 フミノムーン国分優作騎手
    「ハミをノーマルのものに換えて今までで一番良かったですが、進路を確保できませんでした。何もできず、申し訳ないです。」
  • 18着 ラブカンプーM.デムーロ騎手
    「スタートは良く、いいポジションは取れましたが、コンディションがあまり良くなかったです。イレ込んでいて耳を絞って走っていました。」

シルクロードステークス(シルクロードステークス)のその他情報…

備考…シルクロードステークスは、1996年にGⅢとして創設された日本中央競馬会が京都競馬場で施行するサラ系4歳以上の馬による中央競馬の重賞競走。
4月開催(1996~1999),2月開催(2000~2010),1月開催(2011~)
シルクロード(Silk Road)は、中央アジアを横断する古代の東西交通路の名称であるが、奈良の正倉院に当時の中国製やペルシア製のものが多く保存されているために、この名称のレースが作られたもよう。



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail