KeibaList

第59回 きさらぎ賞 (G3)

サラ系3歳 オープン 2回京都4日15:35発走 芝:良
1800m 雨 右外 (国際) 別定 (特指)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
4 4 ダノンチェイサー 牡3 川田将雅 1:49.0 56.6 02-02 34.8 37.10 56.0 476(+2) 3 5.4 池江泰寿 3830万
2 1 1 タガノディアマンテ 牡3 岩田康誠 1:49.3 58.9 08-08 34.4 37.45 56.0 466(±0) 6 35.5 鮫島一歩 1509万
3 6 6 ランスオブプラーナ 牡3 松山弘平 1:49.4 1/2 52.8 01-01 35.8 36.80 56.0 468(+8) 7 41.0 本田優 954万
4 3 3 ヴァンドギャルド 牡3 M.デムーロ 1:49.4 ハナ 55.8 03-03 35.1 37.15 56.0 472(+6) 1 2.0 藤原英昭 570万
5 8 8 メイショウテンゲン 牡3 池添謙一 1:49.8 2.1/2 55.5 05-04 35.3 37.25 56.0 466(+4) 5 11.2 池添兼雄 380万
6 5 5 コパノマーティン 牡3 和田竜二 1:50.0 1.1/4 55.8 07-07 35.3 37.35 56.0 484(+2) 8 152.3 村山明
7 7 7 アガラス 牡3 戸崎圭太 1:50.2 1.1/4 54.3 05-04 35.7 37.25 56.0 508(+12) 2 3.6 古賀慎明
8 2 2 エングレーバー 牡3 藤岡佑介 1:50.6 2.1/2 52.8 04-04 36.2 37.20 56.0 452(-4) 4 6.7 中内田充正

ラップタイム

13.0 - 11.3 - 12.0 - 12.3 - 12.6 - 12.4 - 12.0 - 11.5 - 11.9
平均1F:11.78 , 平均3F:36.80 , RPCI:53.95 , PCI3:55.33

通過タイム

13.0 - 24.3 - 36.3 - 48.6 - 61.2 - 73.6 - 85.6 - 97.1 - 109.0
72.7 - 60.4 - 47.8 - 35.4(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 4 540 3
複勝 1 780 7
4 250 3
6 730 6
馬連 1-4 7,460 16
方式 馬番 配当 人気
馬単 4-1 10,790 26
ワイド 1-4 1,550 16
1-6 3,930 21
4-6 1,820 17
三連複 1-4-6 23,670 35
三連単 4-1-6 141,960 189

レース動画




コーナー通過

3コーナー 6-4,3,2(7,8)5-1
4コーナー 6-4,3(2,7,8)5,1

レース後のコメント

  • 1着 ダノンチェイサー池江泰寿調教師
    「川田君がうまくなだめて乗ってくれました。折り合うと、しまいもしっかり伸びましたね。今後は放牧に出て英気を養う。クラシックへ。皐月賞、日本ダービーと行ってみたいですね。直行になる可能性もあります。」
  • 1着 ダノンチェイサー川田将雅騎手
    「課題の折り合いも辛抱して、よく我慢した中でリズム良く運べました。馬場も影響はありませんでした。力むところがあるので、長い距離は大変だと思いますが、今日は1800mをしっかりと勝ち切ってくれました。」
  • 2着 タガノディアマンテ鮫島一歩調教師
    「時計のかかる馬場も良かったと思いますが、前が残る中、よく来てくれました。収穫がありました。」
  • 2着 タガノディアマンテ岩田康誠騎手
    「ゲートをゆっくり出して折り合い重視で。よく我慢してくれましたし、しっかり伸びてくれました。力の要る馬場も問題なかったです。」
  • 3着 ランスオブプラーナ松山弘平騎手
    「スタートが速く、リズム良く行けました。長く良い脚を使うので、早めにリードを取って行きました。右にもたれる幼い面もありましたが、よく頑張ってくれました。」
  • 4着 ヴァンドギャルド藤原英昭調教師
    「表面的には良く見えましたが、遠征が続いて、そういったところも多少あったかもしれません。急な雨で走りづらそうでしたし、反応がもう一つでした。力のある馬ですし、ここで賞金を加算したかったのですが、次走はオーナーと相談します。」
  • 4着 ヴァンドギャルドM.デムーロ騎手
    「きょうは緊張してイライラしていた。まだ幼いし、道中は何度もつまずいていた。でも、いい馬だし、これからよくなってくると思う。」
  • 5着 メイショウテンゲン池添謙一騎手
    「中団で折り合えましたし、直線に向いたときも手応えはありましたが、直線は思ったほどの脚が使えませんでした。このメンバーに入ると現状は決め手が足りないですね。」
  • 6着 コパノマーティン和田竜二騎手
    「ためたぶんは動いてくれた。中距離くらいの方が合っているのかもしれない。」
  • 7着 アガラス戸崎圭太騎手
    「道中ちょっとムキになっていました。馬場についてはよく分かりません。」
  • 8着 エングレーバー藤岡佑介騎手
    「道中よく我慢して走っていましたが、最後は伸び切れませんでした、ワンターンの競馬も初めてでしたし、これから経験を積みながら力をつけていければ良いと思います。」

きさらぎ賞(きさらぎしょう)のその他情報…

正賞はNHK賞。
備考…きさらぎ賞は、1961年に創設された日本中央競馬会が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走。
1984年にグレード制導入によりGⅢに格付けされた。

砂1200m(1961-1964),砂1700m(1965-1969),芝1600m(1970),芝1800m(1971-1986),芝2000m(1987-1990),芝1800m(1991-1993),芝2000m(1994),芝1800m(1995~)
きさらぎ(如月)は陰暦の2月の意味。中国の旧暦である如月(じょげつ)と混合されないために平仮名表記にしたのかも



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail