KeibaList

第53回 デイリー杯クイーンカップ (G3)

サラ系3歳 オープン 1回東京6日
芝1600m 左 牝 (国際) 別定 (特指)



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アトムアストレア 牝3 [東]勢司和浩 54.0 2戦1勝 600万 タニノギムレット デイリー杯クイーンC 中 0週
アルーシャ 牝3 [東]藤沢和雄 54.0 3戦1勝 1668.3万 ディープインパクト デイリー杯クイーンC 中 0週
オハナ 牝3 [東]堀宣行 54.0 3戦2勝 2258万 ディープインパクト デイリー杯クイーンC 中 0週
カレンシリエージョ 牝3 [西]鈴木孝志 54.0 4戦1勝 780万 ハービンジャー 福寿草特別 中 5週
キャッチミーアップ 牝3 [西]河内洋 54.0 5戦1勝 1160万 ハーツクライ デイリー杯クイーンC 中 0週
シャドウアイランド 牝3 [東]藤沢和雄 54.0 3戦1勝 880万 ハーツクライ 3歳未勝利 中 2週
セイウンリリシイ 牝3 [東]水野貴広 54.0 7戦1勝 1591.4万 ダイワメジャー 3歳500万下 中 0週
ソシアルクラブ 牝3 [西]池添学 54.0 3戦1勝 700万 キングカメハメハ デイリー杯クイーンC 中 0週
ツヅミモン 牝3 [西]藤岡健一 54.0 3戦1勝 2213万 ストロングリターン デイリー杯クイーンC 中 0週
テトラドラクマ 牝3 [東]小西一男 54.0 5戦2勝 4258.1万 ルーラーシップ デイリー杯クイーンC 中 0週
テンワールドレイナ 牝3 [東]矢野英一 54.0 6戦1勝 835万 ローエングリン 3歳500万下 中-1週
ナラトゥリス 牝3 [東]加藤征弘 54.0 4戦1勝 933.2万 ルーラーシップ デイリー杯クイーンC 中 0週
ハーレムライン 牝3 [東]田中清隆 54.0 6戦2勝 1070万 マンハッタンカフェ 3歳500万下 中-1週
ハトホル 牝3 [東]本間忍 54.0 4戦1勝 1230万 モンテロッソ デイリー杯クイーンC 中 0週
ファストライフ 牝3 [東]青木孝文 54.0 7戦1勝 1105万 スーパーホーネット 3歳500万下 中-1週
フィニフティ 牝3 [西]藤原英昭 54.0 2戦1勝 2116.6万 ディープインパクト デイリー杯クイーンC 中 0週
マウレア 牝3 [東]手塚貴久 54.0 4戦2勝 3690.8万 ディープインパクト デイリー杯クイーンC 中 0週
マルターズルーメン 牝3 [東]堀井雅広 54.0 5戦1勝 940万 ディープブリランテ デイリー杯クイーンC 中 0週
ミュージアムヒル 牝3 [東]古賀慎明 54.0 5戦1勝 2002.4万 ハーツクライ 春菜賞 中 1週
モデレイト 牝3 [東]和田正道 54.0 5戦1勝 1201.4万 ダノンシャンティ デイリー杯クイーンC 中 0週
ライレローズ 牝3 [東]古賀慎明 54.0 4戦1勝 780万 ディープブリランテ デイリー杯クイーンC 中 0週
レッドベルローズ 牝3 [東]鹿戸雄一 54.0 3戦1勝 1588.2万 ディープインパクト デイリー杯クイーンC 中 0週
ロフティフレーズ 牝3 [東]上原博之 54.0 2戦1勝 600万 ロードカナロア デイリー杯クイーンC 中 0週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2018年2月12日(月)開催の第53回 デイリー杯クイーンカップの特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点は向正面直線の右奥。最初の3コーナーまでの直線距離は約542m(Aコース時)。3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン。3mごとに幅員が異なる。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護している。上がり3ハロンの水準は各クラス34秒台で差があまりない。その代わり前半3ハロンと中盤の厳しさの差が、クラスの差になり、走破時計に影響を及ぼす。特に3歳以上重賞は安田記念、NHKマイルC、ヴィクトリアマイルとG1が多く組まれているため、速い時計が出やすい。スタートからゴールまで高いレベルのスピードと末脚の持続力が必要になる。クラスが下がると中盤までのペースが緩みがちになるので、前に行った馬が残りやすくなる。当然、馬場状態にもよるがBコースでの逃げ馬の活躍が目立つ。枠順はほぼフラット。多頭数の8枠のみ少し成績が悪い。種牡馬成績はキングカメハメハに注目。自身の現役時代同様、ストライドが大きな産駒が多く、この舞台で非常に持ち味が生きる。あとはスペシャルウィーク、シンボリクリスエス、タニノギムレット、キングヘイローらが上位。アドマイヤベガ、グラスワンダーは不振。 ●クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(36.0-24.8-34.6=1.35.4)、3歳以上500万(35.4-24.3-34.8=1.34.5)、3歳以上1000万(35.7-23.9-34.4=1.34.0)、3歳以上準OP・OP特別(35.4-23.7-34.3=1.33.4)、3歳以上重賞(34.2-23.4-34.9=1.32.5)
JV-LINK

<<
2018年2月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28