サクラシヨウリの産駒成績

サクラシヨウリ(牡)

生年 1975年


年度別実績一覧
年度 順位 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率 総賞金 出走頭数 EI
1997 539 4 0 0 1 3 0.0% 0.0% 25.0% 320万 2 0.18
1996 329 14 2 2 0 10 14.3% 28.6% 28.6% 2810万 5 0.64
1995 346 23 2 1 2 18 8.7% 13.0% 21.7% 2463.6万 3 0.94
1994 182 48 2 4 3 39 4.2% 12.5% 18.8% 7576.1万 10 0.88
1993 103 127 7 13 9 98 5.5% 15.7% 22.8% 1億6128万 22 0.83
1992 94 160 11 6 7 136 6.9% 10.6% 15.0% 1億7867万 32 0.62
1991 56 199 18 22 15 144 9.0% 20.1% 27.6% 2億9153万 33 1.02
1990 61 221 18 25 17 161 8.1% 19.5% 27.1% 2億4854万 40 0.76
1989 64 279 17 15 20 227 6.1% 11.5% 18.6% 2億2900.5万 49 0.59
1988 73 239 15 12 22 190 6.3% 11.3% 20.5% 1億9327万 37 0.68
1987 22 330 26 24 26 254 7.9% 15.2% 23.0% 4億4302万 55 1.08
1986 66 205 16 12 18 159 7.8% 13.7% 22.4% 1億8792万 34 0.80
年度 順位 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率 総賞金 出走頭数 EI


EI:アーニングインデックス(Average Earning Index)とは、競馬においては、種牡馬の成績を表す1つの指標で、種牡馬別の産駒収得賞金に関する指標で 全競走における競走馬1頭あたりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの収得賞金の比率をあらわしたものです。
計算式は (産駒の総収得賞金÷産駒の出走頭数)÷(全出走馬収得賞金÷総出走頭数) です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アーニングインデックス
  当サイトではJRA(日本中央競馬)のみを対象として算出しています。




サクラシヨウリは1975に生まれたパーソロン産駒の種牡馬。
リーディングサイアーの最高は1987年度の第22位となっている。
リーディングサイアー(Leading Sire)とは、産駒の獲得賞金の合計額による種牡馬の順位のこと。年度別実績一覧では「順位」として表記しています。
系統はパーソロンで「トウルビヨン系で日本に最初に入った大物は、1950年の英ダービー馬ガルカドールだったが、気が悪さを伝えてあまり成功しなかった。このため種牡馬入り当初のパーソロンは注目を集めたわけではなかった。しかし産駒がデビューするやクラシックを席捲し、日本にトウルビヨン旋風を巻き起こした。最盛期はライバルのテスコボーイと覇を競い合い、シンボリルドルフ(三冠馬)、サクラショウリ(日本ダービー)、メジロアサマ(天皇賞)、トウコウエルザ(オークス)、ナスノチグサ(オークス)、ナスノカオリ(桜花賞)、ダイアナソロン(桜花賞)らを送り出していった。また後継種牡馬もメジロアサマ、シンボリルドルフが成功し、日本独自の内国産父系を築き上げた。メジロアサマからはメジロティターン、メジロマックイーンと3代続く天皇賞馬の系譜が生まれたが、残念ながら4代連続はかなり難しい状況にある。しかし、メジロマックイーンは母の父としてステイゴールドと抜群の相性を示し、2011年の三冠馬オルフェーヴルを世に送り出した。母の父としては、天皇賞馬の系譜を続けてくれそうである。一方、パーソロン晩年の傑作シンボリルドルフは、父子2代の日本ダービー馬トウカイテイオーを送り出した。このトウカイテイオーも種牡馬となって成功し、パーソロン内国産父系を延長させた。海外のトウルビヨン系の分枝としては、リュティエ系、ロレンツァチオ系が今日も残っている。ただ、現時点でどちらも大きな復活の兆しは見られない。ザテトラーク系にいたっては消滅状態となっており、日本に根づいたパーソロン系は世界的にも貴重なサイヤーラインだった。しかし、メジロマックイーン、トウカイテイオーともに有力な後継種牡馬が育たず、繁栄に終止符を打とうとしている。」が特徴とされている。