Grand Slamの産駒成績

Grand Slam(牡)

生年 1995年


年度別実績一覧
年度 順位 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率 総賞金 出走頭数 EI
2012 384 8 0 0 0 8 0.0% 0.0% 0.0% 100万 3 0.06
2011 288 28 1 0 2 25 3.6% 3.6% 10.7% 885万 8 0.18
2010 270 37 0 0 2 35 0.0% 0.0% 5.4% 1547万 7 0.36
2009 77 59 11 7 5 36 18.6% 30.5% 39.0% 1億8311.4万 10 2.91
2008 102 60 8 8 8 36 13.3% 26.7% 40.0% 1億857.9万 16 1.08
2007 85 98 12 8 2 76 12.2% 20.4% 22.4% 1億7596.4万 21 1.28
2006 103 63 8 3 2 50 12.7% 17.5% 20.6% 1億1017.4万 17 0.99
2005 100 70 5 8 4 53 7.1% 18.6% 24.3% 1億2732.2万 15 1.28
2004 104 59 6 7 2 44 10.2% 22.0% 25.4% 1億2383.9万 13 1.40
2003 120 38 9 4 4 21 23.7% 34.2% 44.7% 1億252.4万 9 1.63
2002 160 16 6 4 1 5 37.5% 62.5% 68.8% 7555.2万 5 2.08
年度 順位 出走回数 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率 総賞金 出走頭数 EI


EI:アーニングインデックス(Average Earning Index)とは、競馬においては、種牡馬の成績を表す1つの指標で、種牡馬別の産駒収得賞金に関する指標で 全競走における競走馬1頭あたりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの収得賞金の比率をあらわしたものです。
計算式は (産駒の総収得賞金÷産駒の出走頭数)÷(全出走馬収得賞金÷総出走頭数) です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アーニングインデックス
  当サイトではJRA(日本中央競馬)のみを対象として算出しています。




Grand Slamは1995に生まれたGone West産駒の種牡馬。
リーディングサイアーの最高は2009年度の第77位となっている。
リーディングサイアー(Leading Sire)とは、産駒の獲得賞金の合計額による種牡馬の順位のこと。年度別実績一覧では「順位」として表記しています。
系統はゴーンウエストで「かつては北米を中心に栄えたミスタープロスペクター系の支流だったが、近年はミスワキ系、ウッドマン系、キングマンボ系と同様に欧州でも活躍が目立っている。その象徴的な存在が、近年、目覚ましい躍進を遂げたザミンダーだろう。全兄のザフォニックは欧州2歳牡馬チャンピオンとなり、英2000ギニーのレコードを45年ぶりに更新して勝った一流馬だが、ザミンダー自身は仏GⅢを勝ったのみで当初は注目されていなかった。しかし、初年度産駒からゼンダ(仏1000ギニー)が出て注目を集め、良質の配合牝馬が殺到。そこからダルジナ(仏1000ギニー)、コクレル(サンタラリ賞)、さらに名牝ザルカヴァが誕生することになった。2008年、フランスの牝馬三冠とも言うべき仏1000ギニー、仏オークス、ヴェルメイユ賞を制し、続く凱旋門賞までも制した牝馬である。デビューから7戦無敗の快進撃だった。全兄ザフォニックも欧州でザフィーン(セントジェームズパレスS)、ザール(デューハーストS)らのGⅠ勝ち馬を、日本においてはもザカリヤ(ニュージーランドトロフィー4歳S、NHKマイルC2着)、ルゼル(青葉賞)を出している。ただザミンダーほどの派手さはない。ゴーンウエストはこれ以外にもダホス(BCマイル2回)、ジョハー(BCターフ)、コメンダブル(ベルモントS)、スパイツタウン(BCスプリント)、グランドスラム(フューチュリティS)らの代表産駒を出し、多くが後継種牡馬の役割を果たしている。またイルーシヴクオリティは米GⅢを勝ったのみに終わったが、後継種牡馬としてはスマーティジョーンズ(ケンタッキーダービー、プリークネスS)、レーヴンズパス(BCクラシック)を出す大成功を収め、北米におけるゴーンウエスト系の発展に大きく貢献することとなった。」が特徴とされている。