KeibaList

第70回 朝日杯フューチュリティステークス (G1)

サラ系2歳 オープン 5回阪神6日15:40発走 芝:良
1600m 小雨 右外 牡・牝 (国際) 馬齢 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
4 6 アドマイヤマーズ 牡2 M.デムーロ 1:33.9 56.2 03-03 33.9 36.00 55.0 470(-2) 2 4.6 友道康夫 7106万
2 1 1 クリノガウディー 牡2 藤岡佑介 1:34.2 56.2 04-04 34.0 36.12 55.0 492(+2) 9 77.4 藤沢則雄 2830万
3 2 2 グランアレグリア 牝2 C.ルメール 1:34.3 1/2 53.5 02-02 34.6 35.82 54.0 482(+6) 1 1.5 藤沢和雄 1815万
4 8 14 ファンタジスト 牡2 武豊 1:34.5 1.1/2 57.3 06-06 33.9 36.36 55.0 474(±0) 3 8.5 梅田智之 1100万
5 5 8 ディープダイバー 牡2 川田将雅 1:34.7 1.1/4 54.7 04-04 34.5 36.12 55.0 452(±0) 11 105.7 大久保龍志 700万
6 8 15 エメラルファイト 牡2 W.ビュイック 1:35.1 2.1/2 60.3 14-13 33.5 36.96 55.0 448(+4) 7 64.1 相沢郁
7 2 3 アスターペガサス 牡2 福永祐一 1:35.4 1.1/2 54.5 06-06 34.8 36.36 55.0 498(-4) 8 76.1 中竹和也
8 6 10 ヒラソール 牡2 岩田康誠 1:35.5 1/2 55.6 08-08 34.6 36.54 55.0 460(+2) 14 495.5 加用正
9 5 9 イッツクール 牡2 松田大作 1:35.6 1/2 48.9 01-01 36.1 35.70 55.0 470(±0) 12 279.2 武英智
10 3 5 マイネルサーパス 牡2 丹内祐次 1:35.7 3/4 58.4 12-13 34.1 36.96 55.0 478(+2) 5 21.3 高木登
11 7 12 コパノマーティン 牡2 坂井瑠星 1:35.9 1.1/4 57.3 09-12 34.4 36.90 55.0 474(-4) 15 604.6 村山明
12 3 4 ドゴール 牡2 津村明秀 1:36.0 クビ 56.0 09-10 34.7 36.78 55.0 458(+10) 6 56.6 黒岩陽一
13 6 11 ケイデンスコール 牡2 C.デムーロ 1:36.0 ハナ 56.5 12-10 34.6 36.84 55.0 468(+6) 4 11.2 安田隆行
14 4 7 ソルトイブキ 牡2 四位洋文 1:36.4 2.1/2 57.2 14-15 34.6 37.08 55.0 476(+2) 13 388.5 木原一良
15 7 13 ニホンピロヘンソン 牡2 浜中俊 1:36.6 1.1/4 53.3 09-09 35.5 36.66 55.0 472(+4) 10 82.9 安達昭夫

ラップタイム

12.7 - 10.9 - 11.7 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.2 - 11.9
平均1F:11.13 , 平均3F:35.70 , RPCI:53.78 , PCI3:55.00

通過タイム

12.7 - 23.6 - 35.3 - 47.7 - 59.5 - 70.8 - 82.0 - 93.9
70.3 - 58.6 - 46.2 - 34.4(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 6 460 2
複勝 1 490 9
2 110 1
6 130 2
枠連 1-4 10,060 19
馬連 1-6 9,710 21
方式 馬番 配当 人気
馬単 6-1 14,240 29
ワイド 1-2 1,080 12
1-6 1,560 19
2-6 180 1
三連複 1-2-6 3,340 11
三連単 6-1-2 45,180 114

レース動画




コーナー通過

3コーナー 9,2-6(1,8)(3,14)10(4,12,13)(5,11)(7,15)
4コーナー 9,2-6(1,8)-(3,14)10,13(4,11)12(5,15)7

レース後のコメント

  • 1着 アドマイヤマーズ友道康夫調教師
    「新馬戦を勝ったときに着差はありませんでしたが、勝負根性があり、走ることに前向きでしたから、うまく行けば走ると思っていました。調教でもそうですが、オンとオフの切り替えがハッキリしていて、頭の良い馬です。そしてゲートセンスが良く、安心して見ていられます。今日は馬場入りの際、テンションが高かったので、落ち着いて馬場入りできるようにしてきたと思います。デムーロ騎手には、相手関係抜きに3・4番手くらいで行けたらと話していました。先頭に立つのが早いかもと思いましたが、良い競馬をしてくれました。今日の競馬(を見て)、そしてデムーロ騎手と話して、もう少し距離はあっても大丈夫そうなので、春は選択肢を増やし、皐月賞をまずは目標にしていきたいと思います。このまま行ってくれればいいのですが、もうひと回りパワーアップをして、より良いパフォーマンスをお見せできると思います。」
  • 1着 アドマイヤマーズM.デムーロ騎手
    「本当に強いです。どんどん成長しています。競馬をわかっていて、頭の良い馬です。スタートが決まり、グランアレグリアを見ながらちょうど良い(ポジション)と思っていましたし、最後はすごく良い脚で伸びました。距離はもう少し延びても大丈夫だと思います。このままでも十分ですが、3歳になると他の馬も成長します。この馬も成長してくれたら、本当に楽しみです。」
  • 2着 クリノガウディー藤岡佑介騎手
    「グランアレグリアのうしろをついて行きました。ちょっと思っていたよりハミをかんでしまったぶん、勝ち馬に並ぶまではいきませんでした。ただ、詰められない差ではないと思いますし、来年が楽しみになりました。」
  • 3着 グランアレグリア藤沢和雄調教師
    「残念です。初めての右回りが影響したのか内へ逃げてしまいました。そんなに速いペースではありませんでしたし、道中は良い感じに見えたのですが......。」
  • 3着 グランアレグリアC.ルメール騎手
    「勝っているレースはどちらも楽勝でしたので、あのレベルで併せ馬になったら、いつもと反応が違いました。勝ち馬が外から来たときに、彼女はふらついて内ラチにもたれてしまいました。レースではリラックスして、息も入っていました。とにかく反応がいつもと違いました。」
  • 4着 ファンタジスト武豊騎手
    「折り合いがつきましたが、結果的に内枠の方が良い展開になってしまいました。1600mまではこなせますし、問題ありません。最後まで伸びています。」
  • 5着 ディープダイバー川田将雅騎手
    「内にささる難しさがあるなか、それでも掲示板を確保するわけですから、よく走ってくれています。現状では精一杯の走りはできていると思います。」
  • 6着 エメラルファイトW.ビュイック騎手
    「スタートしたあと、いつもならダッシュが利くのですが、左に馬がいなかったからかフワフワしていました。最後は良い脚で伸びているだけに、その辺が致命傷になったのかと思います。」
  • 7着 アスターペガサス福永祐一騎手
    「正攻法で、良い形で運べましたが、最後で伸びを欠いたところは距離が問題なのかもしれません。」
  • 8着 ヒラソール岩田康誠騎手
    「最後は脚が上がりました。今後につながればと思います。」
  • 9着 イッツクール松田大作騎手
    「悪くないペースで運ぶことはできました。」
  • 10着 マイネルサーパス丹内祐次騎手
    「展開が厳しかったです。立て直して巻き返しを狙います。」
  • 11着 コパノマーティン坂井瑠星騎手
    「脚を溜めて終いを生かす競馬をするプランで、あのポジションからになりました。3コーナーでは手応えがなかったのですが、じわじわと伸びてくれていたので、頑張ってくれていると思います。」
  • 12着 ドゴール津村明秀騎手
    「落ち着いてゲートをいい雰囲気で行けましたが、初めて多頭数で揉まれてペースアップしたところでついて行けなくなりました。1600mより1400mのほうが良いと思います。」
  • 13着 ケイデンスコールC.デムーロ騎手
    「勝った馬が強かったです。今日はレースに対して、走る気持ちがなかったように感じられます。」
  • 14着 ソルトイブキ四位洋文騎手
    「他馬が寄ってきて、経験が少ない分、馬が怖がって急ブレーキをかける形になってしまいました。今日は何もさせてもらえませんでした。500万下から出直します。」
  • 15着 ニホンピロヘンソン浜中俊騎手
    「今日はレース前にイレ込んで終わっていました。そのあたりが成長してほしいですね。」

朝日杯フューチュリティステークス(あさひはいフューチュリティステークス)のその他情報…

正賞は朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞。
旧名称は朝日盃3歳ステークス(1949-1969),朝日杯3歳ステークス(1970-2000)。
備考…朝日杯フューチュリティステークスは、1949年に創設された阪神競馬場で施行されるサラ系2歳馬による中央競馬の重賞競走。
1949年から2013年までは中山競馬場で開催されており ,2014年以降は阪神で開催されている。

<芝1100(1949-1958) ,芝1200(1959-1961), 芝1600(1962~)>

フューチュリティ(Futurity)は未来という意味。



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail