KeibaList

UHB杯 (特別競走)

サラ系3歳以上 1000万円以下 1回函館4日
芝1200m 右 (混合) ハンデ [指定]



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アイアンクロー 牡3 [西]斉藤崇史 53.0 8戦1勝 2481.5万 アドマイヤムーン UHB杯 中 0週
アリンナ 牝4 [西]松元茂樹 55.0 12戦3勝 3923.9万 マツリダゴッホ 噴火湾特別 中-2週
イアペトス 牡6 [東]武市康男 52.0 43戦3勝 2955万 フォーティナイナーズサン TVh杯 中-1週
イキオイ 牡6 [東]杉浦宏昭 54.0 48戦2勝 4607.6万 マツリダゴッホ 道新スポーツ杯 中-1週
ウィズアットレース 牝6 [東]中野栄治 50.0 29戦2勝 2540万 ローレルゲレイロ UHB杯 中 0週
ウインジェルベーラ 牝3 [東]金成貴史 51.0 7戦1勝 1916万 アイルハヴアナザー 噴火湾特別 中-2週
ウインハートビート 牡5 [西]宮本博 53.0 21戦3勝 3603万 グラスワンダー UHB杯 中 0週
キッズライトオン 牡6 [西]田所秀孝 54.0 38戦3勝 5610.6万 スニッツェル UHB杯 中 0週
キャンディバローズ 牝5 [西]矢作芳人 54.0 21戦2勝 5928.1万 ディープインパクト 道新スポーツ杯 中-1週
キングキングキング 牡3 [東]国枝栄 53.0 9戦2勝 2394.2万 キングズベスト UHB杯 中 0週
クードラパン 牝5 [東]久保田貴士 54.0 20戦3勝 4973.7万 ダイワメジャー UHB杯 中 0週
クリーンファンキー 牝5 [東]鈴木伸尋 53.0 18戦4勝 5539.9万 タイキシャトル UHB杯 中 0週
クリノスイートピー 牝6 [東]星野忍 50.0 41戦3勝 4529.5万 アドマイヤコジーン UHB杯 中 0週
グランドポピー 牝6 [西]高柳大輔 52.0 20戦2勝 2530万 ダイワメジャー 道新スポーツ杯 中-1週
コロラトゥーレ 牝4 [西]梅田智之 55.0 16戦3勝 4505.3万 タイキシャトル STV杯 中-3週
シルヴァーコード 牝6 [東]粕谷昌央 51.0 30戦3勝 5074.1万 スウェプトオーヴァーボード UHB杯 中 0週
ダイシンバルカン 牡6 [西]吉田直弘 54.0 30戦2勝 3695万 サクラバクシンオー TVh杯 中-1週
プッシュアゲン 牡5 [東]中野栄治 53.0 24戦2勝 3141万 タイキシャトル UHB杯 中 0週
ラッシュアウト セン4 [東]栗田徹 57.0 14戦3勝 3603万 ケイムホーム STV杯 中-3週
レッドカーペット 牡5 [西]高野友和 52.0 20戦3勝 3410.4万 ダノンシャンティ 道新スポーツ杯 中-1週
レヴァンタール セン9 [東]蛯名利弘 50.0 62戦2勝 3856.2万 ファルブラヴ UHB杯 中 0週
ロイヤルメジャー 牝4 [西]山内研二 55.0 18戦3勝 4971.3万 ダイワメジャー STV杯 中-3週
ワンダフルラッシュ 牝5 [東]手塚貴久 51.0 25戦3勝 3727.6万 バゴ 道新スポーツ杯 中-1週
ヴァッフシュテルケ 牡7 [西]寺島良 53.0 59戦3勝 5076.5万 ダイワメジャー UHB杯 中 0週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2018年6月24日(日)開催のUHB杯の特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点は向正面直線、2コーナー奥にあるポケット。最初の3コーナーまでの距離は約490mあり、緩やかな上り坂になっている。3~4コーナーはスパイラルカーブ。途中に坂の頂上があり、最後の直線半ばにかけて緩やかな下り坂。その後、ゴールまでは平坦になっている。函館競馬場は一般的に平坦コースと思われがちだが、このように実は起伏がある。芝コース全体の高低差は3.4m。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターンで、最後の直線距離はともに262m。クラスを問わず前半の3ハロンは速く、典型的な前傾ラップ。クラスが上がるごとに後半の失速率が下がり、走破時計も速くなる。起伏がある上、函館競馬場の芝は重い洋芝なので全体的に時計がかかるのが特徴。開幕して間もない時期はいいが、使いこまれたり、ひと雨降ったりすると、一気に時計がかかる。開催日ごとで水準時計が大きく変わるので注意が必要。時計が遅くなると、速い持ち時計がない穴馬が台頭してくる。そのため、予想は難しい。函館の芝に合った馬を見つけることがポイントになってくる。脚質傾向は基本的に逃げ~先行馬が有利。近年はそうでもないが、馬場が痛み出すと、一気に逃げ~先行馬が苦しくなる。完全に差し馬有利な馬場になることもある。枠順傾向は、以前は外枠有利が定説だったが、近年はそうでもない。16頭立ての大外は勝ち切れなくなっている。それ以外のゲートは満遍なく好走馬が出ており、フラットと言っていいだろう。 ●クラス別水準ラップ(3F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(34.3-36.1=1.10.4)、3歳以上500万(34.0-35.9=1.09.9)、3歳以上1000万(34.1-35.1=1.09.2)、3歳以上準OP・OP特別(34.1-34.8=1.08.9)、3歳以上重賞(33.5-35.2=1.08.7)
JV-LINK

<<
2018年7月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31