KeibaList

大島特別 (特別競走)

サラ系4歳以上 1000万円以下 1回東京8日
ダート1400m 左 (混合) 定量 [指定]



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アースヴィグラス 牝4 [東]粕谷昌央 55.0 21戦2勝 1787万 サウスヴィグラス 3歳上500万下 中-19週
アーバンイェーガー 牡4 [東]高橋文雅 57.0 17戦2勝 2190万 エンパイアメーカー 3歳上500万下 中-22週
ウィズエモーション 牝5 [東]栗田博憲 55.0 23戦3勝 2910.8万 クロフネ 小金井特別 中-16週
エメラルエナジー 牡6 [東]相沢郁 57.0 28戦4勝 3104万 ファルブラヴ 桶狭間ステークス 中-22週
キタサンガンバ 牡5 [東]小笠倫弘 57.0 17戦3勝 4291.9万 キンシャサノキセキ 富嶽賞 中-14週
ケンコンイッテキ 牡5 [東]田島俊明 57.0 24戦3勝 4293.8万 ナイキアディライト 報知杯大雪ハンデ 中-25週
コパノディール 牝5 [東]武藤善則 55.0 27戦2勝 1682.2万 エンパイアメーカー 豊栄特別 中-25週
シゲルゴホウサイ 牝6 [西]森田直行 55.0 45戦3勝 5675万 パイロ 4歳上1000万下 中-12週
シゲルベンガルトラ 牡4 [東]和田勇介 57.0 16戦2勝 4516.1万 プリサイスエンド 4歳上1000万下 中-5週
ジョイフル 牡4 [西]吉村圭司 57.0 17戦3勝 2015万 キングズベスト 筑紫特別 中-24週
ターゲリート 牡5 [東]戸田博文 57.0 10戦5勝 2563.7万 シンボリクリスエス 桶狭間ステークス 中-22週
ツウローゼズ 牝6 [東]高橋祥泰 55.0 34戦3勝 2950万 スターリングローズ スパーキングナイトC 中-6週
トップアドバンス 牡7 [東]勢司和浩 57.0 35戦2勝 2440万 アルデバラン2 日吉特別 中-13週
トミケンキルカス 牡6 [東]大和田成 57.0 25戦3勝 3090万 タイキシャトル 猪苗代特別 中-19週
ノーフィアー 牡4 [東]佐藤吉勝 57.0 12戦2勝 2590万 カネヒキリ 3歳上500万下 中-24週
フクノグリュック 牡6 [東]杉浦宏昭 57.0 37戦3勝 4511.8万 ダンスインザダーク 三浦特別 中-15週
ブラックバード セン6 [東]武市康男 57.0 32戦2勝 3820.1万 ダイワメジャー 驀進特別 中-24週
ホノカ 牝4 [東]菊川正達 55.0 19戦2勝 1690万 ロージズインメイ 3歳上500万下 中-22週
ラインフェルス 牡6 [東]斎藤誠 57.0 35戦3勝 4935万 ワイルドラッシュ 4歳上1000万下 中-14週
ロードプレミアム 牡5 [東]斎藤誠 57.0 18戦2勝 2573.7万 ディープインパクト 信濃川特別 中-24週
ワイドリーザワン 牡6 [東]奥村武 57.0 25戦4勝 3370.1万 キングカメハメハ 4歳上1000万下 中-6週
ワキノアタリ 牝5 [西]松下武士 55.0 14戦6勝 1625万 キャプテントゥーレ 4歳上1000万下 中-14週
ワンダープラヤアン 牡4 [西]森田直行 57.0 11戦3勝 1670万 アルデバラン2 西部日刊スポーツ杯 中-25週
ワンパーセント 牡5 [東]中川公成 57.0 19戦3勝 4092.8万 トーセンブライト 報知杯大雪ハンデ 中-25週
ワンボーイ セン6 [東]新開幸一 57.0 20戦3勝 3297万 フレンチデピュティ 大島特別 中 0週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2018年2月18日(日)開催の大島特別の特別登録馬情報です。


コース情報

JRAでダート1400mが組まれているのは、東京、中京、京都、阪神の4場あるが、純粋にダートコースを1400m走り切るのは当コースだけ。
他は芝スタートとなっているからだ。当コースのスタート地点は向正面直線の右寄り。1300mのスタート地点からそのまま100m下がる。3コーナーまでの距離は約440m。しばらく進んだところで緩やかな上り坂が待ち構えている。3~4コーナーはほぼ平坦。最後の直線距離は501.6mで、日本のダートコースで最長距離を誇る。途中、緩やかな上り坂があるのも特徴だ。前半3ハロンの水準時計は3歳以上の500万クラスからOP特別までほぼ五分。序盤からペースは上がりやすい。しかし、前半の主導権争いでひるんでいては勝負にならない。基本的には逃げ・先行が強いので、下級条件では先行力が一番のポイントとなる。重賞・根岸Sではさらにペースが上がるため、差し馬の好走が多くなってくる。が、その場合でも馬群の大外を回わらされる馬は厳しい。中団の馬群の中で脚を溜め、できるだけ距離ロスを防いでいるシーンが多いはずだ。枠順はフラット。種牡馬成績はクロフネ、アフリート、フォーティナイナーが勝ち鞍を量産しているものの、回収率は低い。アグネスデジタル、サウスヴィグラス、Grand Slam、ワイルドラッシュが好走率・回収率ともに高い。サクラバクシンオー、ブライアンズタイムはやや活力が失われている印象。 ●クラス別水準ラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(35.6-12.4-37.3=1.25.3)、3歳以上1000万(35.4-12.3-36.9=1.24.6)、3歳以上準OP・OP特別(35.6-12.1-36.3=1.24.0)、3歳以上重賞(34.6-12.2-36.7=1.23.5)
JV-LINK

<<
2018年8月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31