KeibaList

ジューンステークス (特別競走)

サラ系3歳以上 1600万円以下 3回東京5日
芝2000m 左 (混合) 定量 (特指)



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
クラウンディバイダ 牡5 [東]斎藤誠 57.0 28戦5勝 8949万 ダイワメジャー 函館記念 中-4週
コスモナインボール 牡6 [東]和田雄二 57.0 29戦4勝 6522.1万 ハイアーゲーム 阿武隈ステークス 中-3週
コパノマリーン 牝5 [東]斎藤誠 55.0 19戦4勝 4582.4万 ヴィクトワールピサ 佐渡ステークス 中-6週
サトノグラン 牡4 [西]矢作芳人 57.0 17戦4勝 5119.5万 ハーツクライ ジューンステークス 中 0週
サトノケンシロウ 牡5 [西]池江泰寿 57.0 15戦4勝 7252.2万 ディープインパクト 博多ステークス 中-8週
パワーポケット 牡6 [東]中野栄治 57.0 29戦4勝 5866.6万 エンパイアメーカー 佐渡ステークス 中-6週
マイネルラフレシア 牡5 [東]高橋裕 57.0 25戦3勝 6541.8万 ジャングルポケット 佐渡ステークス 中-6週
リリーヴィクトリー 牡6 [西]池添兼雄 57.0 32戦3勝 4145.7万 マンハッタンカフェ 障害3歳上未勝利 中-8週
ルックトゥワイス 牡5 [西]藤原英昭 57.0 11戦4勝 7845.6万 ステイゴールド ジューンステークス 中 0週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2018年6月16日(土)開催のジューンステークスの特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点は1コーナー奥のポケット。スタート後、約100m進んだところに左へ曲がる大きなカーブがある。向正面の長い直線を走り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン。3mごとに幅員が異なる。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護している。2コーナーのカーブが大きな鬼門となるコース。スタート直後は馬群がかたまり気味になってしまうので、多頭数の大外枠は距離ロスを強いられることになり、非常に厳しい。向正面の直線に入ってもペースがあまり上がらないため、基本的にはスローの展開が多くなり、最後は決め手が問われる。ただ、前後半3ハロンの時計はクラスによる差はあまりない。中盤の厳しさがクラスの差につながる。天皇賞(秋)では1分58秒を切る速い時計が求められる。馬場が良好なときは逃げ・先行馬が非常に有利。馬場が少し痛むCコース、Dコースの時期になると逃げ馬が苦しくなり、差し馬の好走が増えてくる。追い込み馬は常に不利。直線距離が長くても、前の馬はそう簡単に止まらない。種牡馬成績はダンスインザダーク、シンボリクリスエス、アグネスタキオン、ゼンノロブロイ、キングカメハメハらが上位。ヘイロー・ロベルト系が全般的に優勢だが、マンハッタンカフェ、アドマイヤベガ、ネオユニヴァースは不振。 ●クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(36.6-50.0-34.6=2.01.2)、3歳以上1000万(36.7-49.3-34.7=2.00.7)、3歳以上準OP・OP特別(36.6-49.2-34.4=2.00.2)、3歳以上重賞(36.0-48.5-34.8=1.59.3)
JV-LINK

<<
2018年8月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31