KeibaList

東村山特別 (特別競走)

サラ系3歳以上 1000万円以下 5回東京7日
ダート1300m 左 (混合) 定量 [指定]



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アポロチーター 牡4 [東]岩戸孝樹 57.0 19戦2勝 3965万 アポロキングダム 4歳上1000万下 中-11週
イモータルスモーク 牡3 [東]金成貴史 56.0 12戦4勝 3427.8万 Into Mischief コーラルステークス 中-19週
イワネコゴシキ 牡4 [東]小笠倫弘 57.0 22戦2勝 1777万 グランプリボス 四日市特別 中-18週
ウメタロウ 牡5 [東]伊藤大士 57.0 34戦2勝 2385万 プリサイスエンド 千葉日報杯 中-20週
オメガエリタージュ 牡3 [東]斎藤誠 56.0 12戦2勝 1893万 ノヴェリスト 4歳上1000万下 中-17週
オルクリスト 牡4 [東]杉浦宏昭 57.0 25戦2勝 3325万 トゥザグローリー 葛飾特別 中-19週
オレノマニラ 牡5 [東]土田稔 57.0 27戦2勝 2235万 フリオーソ 4歳上1000万下 中-17週
ケイアイビリジアン セン4 [東]奥平雅士 57.0 19戦3勝 2525万 ケイムホーム 鳴門ステークス 中-19週
コールドターキー 牡5 [東]佐藤吉勝 57.0 23戦3勝 1924.8万 ジャングルポケット 四日市特別 中-18週
コウソクスピード 牡3 [東]中舘英二 56.0 9戦3勝 3418.5万 ヴィクトワールピサ 伊賀ステークス 中-9週
コパシーナ セン3 [東]伊藤圭三 56.0 13戦2勝 2146.4万 ヘニーヒューズ 4歳上1000万下 中-18週
シセイタケル 牡5 [東]高橋文雅 57.0 26戦2勝 3600.5万 ロージズインメイ 大島特別 中-13週
シホノレジーナ 牝3 [西]寺島良 54.0 14戦3勝 2480.4万 ダイワメジャー 中京スポーツ杯 中-16週
ショウナンガナドル 牡4 [東]田中剛 57.0 23戦2勝 3891.2万 ダンカーク 大須特別 中-4週
スワーヴシャルル 牡4 [西]安田隆行 57.0 14戦4勝 2171万 ロードカナロア 船橋ステークス 中-20週
ダノンハイパワー 牡6 [東]菊沢隆徳 57.0 34戦3勝 5253.3万 ダノンシャンティ 賢島特別 中-9週
ニシノミンクス 牝3 [地]佐宗応和 54.0 14戦2勝 2123万 カジノドライヴ スノードロップ賞競走 中-18週
ノーベルプライズ 牡4 [東]古賀史生 57.0 16戦2勝 2880万 ダイワメジャー 葛飾特別 中-19週
パイロジェン セン4 [東]伊藤圭三 57.0 16戦2勝 2182万 パイロ 四日市特別 中-18週
フジノタカネ 牡4 [東]手塚貴久 57.0 20戦2勝 3147万 ハーツクライ 4歳上1000万下 中-11週
プリマジア 牡3 [東]金成貴史 56.0 14戦2勝 2110万 キンシャサノキセキ 両国特別 中-19週
ボナヴィーゴ 牡5 [地]宇野木博徳 57.0 22戦3勝 2593.6万 ディープインパクト 芝桜特別 中-19週
ミッキーハイド 牡5 [東]菊沢隆徳 57.0 19戦4勝 2415万 ロードカナロア 春風ステークス 中-18週
メイショウナパワン 牡3 [西]飯田祐史 56.0 8戦2勝 1440万 トゥザワールド 高砂特別 中-4週
モズベイビー 牡4 [地]山崎尋美 57.0 17戦2勝 1987万 グランプリボス 花嵐賞競走 中-17週
モズレジーナ 牝4 [西]矢作芳人 55.0 23戦3勝 3061.4万 ロードカナロア 響灘特別 中-8週
モンテルース 牝5 [西]杉山晴紀 55.0 19戦2勝 1695万 アグネスデジタル 東村山特別 中 0週
ヤマニンリュシオル 牝5 [地]山崎尋美 55.0 22戦2勝 1515万 キャプテントゥーレ 雛菊賞 中-15週
ロジシルキー 牝4 [東]大竹正博 55.0 13戦2勝 2658.2万 ロジユニヴァース 妙見山特別 中 0週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2020年11月23日(月)開催の東村山特別の特別登録馬情報です。


コース情報

1300mというのは特殊な距離。JRAの中で、東京ダート1300mしかない。スタート地点は向正面半ば付近。3コーナーまでの距離は約340mあり、芝同様にスタート後間もなく緩やかな上り坂が待ち構えている。3~4コーナーはほぼ平坦。最後の直線距離は501.6mで、日本のダートコースで最長距離を誇る。途中、緩やかな上り坂があるのも特徴だ。フルゲートは16頭。1000万クラス以下を中心に行われているコース。テンから飛ばしてなだれ込む競馬になりやすく、1400mに強い馬よりも1200m以下で力を発揮するスプリンターに向くコース設定だ。先手を奪える馬が圧倒的に強く、一般的なダート短距離戦と同じような考えでいい。最後の直線は長いが、差しがズバズバ決まることはない。ただし、逃げたい馬が揃うレースなので、何が逃げるかを読み切るのは容易でない。枠順傾向は基本的に内目の枠が強いが、大外も案外いい。種牡馬はヴァイスリージェント系のクロフネとフレンチデピュティの勝ち鞍が目立つが、連対率はそうでもない。トワイニング、スキャン、スウェプトオーヴァーボードなどミスタープロスペクターの方が連対率・回収率で高い種牡馬が多い。リファール系のホワイトマズル、キングヘイローもいい。サクラバクシンオーは平凡。 ●クラス別水準ラップ(2.5F-1F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(29.6-12.3-36.7=1.18.6)、3歳以上1000万(29.6-12.0-36.4=1.18.0)、3歳以上準OP・OP特別(─)、3歳以上重賞(─)
JV-LINK

<<
2021年4月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30