KeibaList

第57回 農林水産省賞典 函館記念 (GⅢ)

サラ系3歳以上 オープン 1回函館6日
芝2000m 右 (国際) ハンデ (特指)



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アイスバブル 牡6 [西]池江泰寿 55.0 35戦4勝 1億2510万 ディープインパクト 札幌記念 中-57週
アドマイヤジャスタ 牡5 [西]石坂公一 56.0 24戦3勝 9582.8万 ジャスタウェイ アンドロメダS 中-70週
ウインイクシード 牡7 [東]鈴木伸尋 56.0 40戦4勝 1億6336.4万 マンハッタンカフェ OROC 中-68週
エンデュミオン 牡4 [西]清水久詞 50.0 26戦4勝 4089.9万 ヴィクトワールピサ カシオペアステークス 中-67週
カフェファラオ 牡4 [東]堀宣行 58.5 13戦7勝 2億530.9万 American Pharoah マイルChS南部杯( 中-64週
サクラトゥジュール 牡4 [東]堀宣行 53.0 17戦4勝 5821.6万 ネオユニヴァース オクトーバーS 中-65週
サトノエルドール 牡5 [東]国枝栄 56.0 28戦5勝 1億821.2万 ディープインパクト 福島記念 中-69週
ジェットモーション セン5 [西]藤岡健一 54.0 14戦4勝 4880.9万 ハーツクライ 日刊スポ賞中山金杯 中-24週
タイセイトレイル 牡6 [西]小林真也 55.0 47戦5勝 1億5371万 ハーツクライ 秋陽ジャンプS 中-70週
ディアマンミノル 牡4 [西]本田優 54.0 29戦5勝 7656.8万 オルフェーヴル チャレンジカップ 中-72週
トーセンスーリヤ 牡6 [東]小野次郎 56.0 39戦6勝 1億9714.5万 ローエングリン OROC 中-68週
ドゥオーモ 牡8 [西]野中賢二 53.0 26戦3勝 7690.2万 ディープインパクト カシオペアステークス 中-15週
ナイママ 牡5 [東]武藤善則 54.0 30戦3勝 7924.1万 ダノンバラード ケフェウスステークス 中-61週
ハナズレジェンド 牡8 [西]田中克典 55.0 56戦6勝 1億8305.1万 ハーツクライ ブラジルカップ 中-14週
バイオスパーク 牡6 [西]浜田多実雄 57.0 37戦5勝 1億5634.8万 オルフェーヴル オクトーバーS 中-65週
マイネルウィルトス 牡5 [西]宮徹 56.0 34戦5勝 1億2973万 スクリーンヒーロー 函館記念 中-52週
マイネルファンロン 牡6 [東]手塚貴久 55.0 38戦5勝 1億1489.3万 ステイゴールド アルゼンチン共和国杯 中-68週
レッドジェニアル セン5 [西]高橋義忠 57.0 17戦2勝 8249万 キングカメハメハ 大阪城ステークス 中-33週
ワールドウインズ セン4 [西]笹田和秀 56.0 24戦4勝 6912.9万 ルーラーシップ ポートアイランドS 中-63週
ワセダインブルー 牡6 [東]池上昌和 54.0 23戦4勝 6988.4万 ハービンジャー 函館記念 中 0週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2021年7月18日(日)開催の第57回 農林水産省賞典 函館記念の特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点は正面スタンド前直線の右端。4コーナーのポケット。坂の頂上からのスタートで、直線半ばまで下り坂を走ることになる。1コーナーまでの距離は約475m。1コーナー手前から2コーナーにかけては緩い下り坂になっている。2コーナーの地点が函館競馬場の最低地点になっており、向正面直線は緩やかな上り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブ。途中に坂の頂上(最高地点)があり、最後の直線半ばにかけて緩やかな下り坂。その後、ゴールまでは平坦になっている。函館競馬場は一般的に平坦コースと思われがちだが、このように実は起伏がある。芝コース全体の高低差は3.4m。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターンで、最後の直線距離はともに262m。前半の3ハロンの水準時計は重賞クラスも500万クラスもあまり変わらない。函館芝2000mの重賞といえば函館記念。中盤4ハロンのペースが条件戦とは雲泥の差となり、淀みない流れとなる。逃げ馬にとっては楽ではないコースだ。人気薄の逃げ切り勝ちは難しく、何かに差されやすい。力がある馬でないと勝ち切れない。ベストは先行しての抜け出し。普通の差し馬には不利で、最後の直線までに好位まで押し上げていないと厳しい。3~4コーナーで動き始めてのマクリ差しが要求される。芝1800m同様、上がりおよび全体の時計はかかる。函館記念でも2分を切ることはめったにない。洋芝に強いタイプを狙うのがセオリーだ。かつてはサンデーサイレンス産駒がかなりの強さを見せていたコースだが、孫世代の実績はそれほど目立たない。一応アドマイヤベガ、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、バブルガムフェローが上位。トニービンやジャングルポケットらのグレイソヴリン系、デインヒルやチーフベアハートのダンチヒ系、ジェネラスやラムタラ、マリエンバードなどのニジンスキー系、カーネギーやオペラハウスなどのサドラーズウェルズ系がそれぞれ強みを発揮しており、中央場所の芝中距離とは一風変わった傾向になっている。 ●クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(35.4-50.3-36.7=2.02.4)、3歳以上1000万(35.2-49.6-36.7=2.01.5)、3歳以上準OP・OP特別(─)、3歳以上重賞(35.6-48.9-36.1=2.00.6)
JV-LINK

<<
2022年12月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31