KeibaList

第43回 新潟大賞典 (G3)

サラ系4歳以上 オープン 2回新潟2日
芝2000m 左外 (国際) ハンデ (特指)



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アッシェンプッテル 牝5 [西]奥村豊 - 19戦4勝 8600.2万 バトルプラン 吾妻小富士ステークス 中 1週
キングニミッツ 牡8 [西]小崎憲 - 52戦8勝 6110.7万 スパイキュール メトロポリタンS 中 0週
サトノエルドール 牡5 [東]国枝栄 - 18戦4勝 7985.3万 ディープインパクト 新潟大賞典 中 0週
サトノソルタス 牡6 [東]堀宣行 - 11戦2勝 9227.9万 ディープインパクト 新潟大賞典 中 0週
サンレイポケット 牡6 [西]高橋義忠 - 18戦4勝 1億5551.9万 ジャングルポケット 新潟大賞典 中 0週
ダノンマジェスティ 牡6 [西]音無秀孝 - 8戦4勝 6565.9万 ディープインパクト 新潟大賞典 中 0週
トーセンスーリヤ 牡6 [東]小野次郎 - 32戦5勝 1億5558.5万 ローエングリン 新潟大賞典 中 0週
ニシノデイジー 牡5 [東]高木登 - 15戦3勝 1億2449.5万 ハービンジャー 新潟大賞典 中 0週
ハッピーアワー 牡5 [西]杉山佳明 - 18戦3勝 7798.6万 ハービンジャー 新潟大賞典 中 0週
バイオスパーク 牡6 [西]浜田多実雄 - 27戦5勝 1億4626.8万 オルフェーヴル 新潟大賞典 中 0週
バスカヴィル 牡7 [東]加藤征弘 - 27戦4勝 7459.8万 Bernardini 新潟大賞典 中 0週
ヒュミドール セン5 [東]小手川準 - 17戦4勝 7090.8万 オルフェーヴル 新潟大賞典 中 0週
ボッケリーニ 牡5 [西]池江泰寿 - 13戦5勝 1億4272.1万 キングカメハメハ 新潟大賞典 中 0週
ポタジェ 牡4 [西]友道康夫 - 9戦5勝 1億2613.6万 ディープインパクト 新潟大賞典 中 0週
マイスタイル 牡7 [西]昆貢 - 27戦5勝 2億3834万 ハーツクライ 新潟大賞典 中 0週
ムイトオブリガード 牡7 [西]角田晃一 - 25戦6勝 1億6975.3万 ルーラーシップ 新潟大賞典 中 0週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2021年5月9日(日)開催の第43回 新潟大賞典の特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点は向正面直線の右奥の2コーナーポケット。内回りの芝1400mと同じ地点。2000mでコーナーが2回のコースは、日本ではここだけ。新潟競馬場の目玉コースの一つだ。最初の3コーナーまでの距離は948m(Aコース時)にも及ぶ。3~4コーナーはスパイラルカーブで、やや急な下り坂。仮柵によるコース設定はA、Bの2パターンで、最後の直線距離はともに659m。この部分はほぼ平坦だが、距離は日本最長を誇る。序盤は平均ペースで、3~4コーナーでペースが緩み、最後の直線で上がり勝負というのが基本。新潟芝1800mと同じような流れだ。ペースは平均からスロー。ハイペースになることはほとんどなく、上がりの勝負になる。直線に入ってからの決め手の有無が最も重要だ。また、時計が出やすく、11秒台のラップが多く刻まれるため、持ち時計も必要になってくる。逃げ切りは芝1800m以上に困難。先行して押し切るのも簡単ではない。Aコースでは前に行った馬でもそこそこ頑張れるが、Bコースでは先行馬は2着が多くなり、差し馬・追い込み馬がきやすくなっている。開催が進んで内の馬場が悪くなると、外ラチに近いところからの大外一気も見られる。重賞の新潟記念と新潟大賞典ともに、差し・追い込み馬の活躍が多くなっている。枠順は1枠があまりよくない。中枠がベスト。開催が進めば外枠でもOK。種牡馬成績は芝1800mで悪かったスペシャルウィークとステイゴールドがここではいい。あとはダンスインザダーク、グラスワンダー、アグネスタキオン、シンボリクリスエスなどで、ヘイルトゥリーズン系が強い。ジャングルポケット、エルコンドルパサーはひと息。 ●クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(36.6-49.6-34.3=2.00.5)、3歳以上1000万(35.7-48.7-34.6=1.59.0)、3歳以上準OP・OP特別(35.8-48.7-34.2=1.58.7)、3歳以上重賞(35.6-48.4-34.1=1.58.1)
JV-LINK

<<
2021年5月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31