KeibaList

ニューイヤーステークス (L)

サラ系4歳以上 オープン 1回中山2日
芝1600m 右外 (国際) 別定 (特指)



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アルーシャ 牝6 [東]藤沢和雄 57.0 18戦6勝 1億4099.8万 ディープインパクト 中山牝馬ステークス 中-9週
インターミッション 牝4 [東]手塚貴久 53.0 9戦3勝 4836.9万 ディープインパクト 中山牝馬ステークス 中-9週
クラヴァシュドール 牝4 [西]中内田充正 53.0 10戦1勝 8124.4万 ハーツクライ 福島牝馬ステークス 中-15週
グランドロワ 牡7 [地]中道啓二 56.0 36戦5勝 1億263.4万 ダイワメジャー 隅田川オープン競走 中-11週
コンカラー 牡5 [西]石坂公一 56.0 19戦4勝 6268.2万 ネオユニヴァース ブリリアントS 中-17週
サクセッション 牡4 [東]国枝栄 55.0 9戦3勝 5161.5万 キングカメハメハ 谷川岳ステークス 中-17週
サトノウィザード 牡5 [東]宮田敬介 56.0 15戦4勝 8472.5万 ロードカナロア 東京新聞杯 中-4週
シャイニービーム 牡9 [西]羽月友彦 56.0 46戦7勝 1億1809.6万 カンパニー リゲルステークス 中 4週
ショウナンライズ 牡8 [東]上原博之 57.0 43戦6勝 1億3554.3万 ダイワメジャー 京王杯スプリングC 中-18週
セラピア 牝5 [西]藤岡健一 54.0 10戦4勝 4783万 オルフェーヴル ニューイヤーS 中 0週
ソッサスブレイ セン7 [東]粕谷昌央 56.0 47戦8勝 5300.5万 コンデュイット メイステークス 中-19週
テーオービクトリー 牝7 [西]岡田稲男 54.0 37戦5勝 1億110.7万 ブラックタイド 安土城ステークス 中-20週
ディープダイバー 牡5 [西]大久保龍志 56.0 21戦3勝 6440.1万 ブラックタイド 洛陽ステークス 中-5週
トーセンブレス 牝6 [東]加藤征弘 54.0 20戦2勝 8908.5万 ディープインパクト ニューイヤーS 中 0週
ビッククインバイオ 牝4 [西]新谷功一 53.0 15戦4勝 7452.6万 キングズベスト 京王杯スプリングC 中-18週
マイネルフラップ 牡5 [西]梅田智之 56.0 22戦2勝 3892.7万 ヴィクトワールピサ 六甲ステークス 中-11週
ミッキーブリランテ 牡5 [西]矢作芳人 56.0 24戦5勝 1億1465.6万 ディープブリランテ 函館スプリントS 中-22週
ミラアイトーン 牡7 [東]菊沢隆徳 57.0 22戦6勝 1億3107.4万 Lonhro エプソムカップ 中-22週
メイショウオーパス 牡6 [西]飯田祐史 56.0 28戦5勝 8809.8万 メイショウボーラー 栗東ステークス 中-18週
メイショウケイメイ 牝5 [西]南井克巳 54.0 17戦3勝 3969.4万 ワークフォース 安土城ステークス 中-20週
レッドヴェイロン 牡6 [西]中内田充正 56.0 19戦4勝 1億1060.3万 キングカメハメハ 六甲ステークス 中-11週
ロフティフレーズ 牝6 [東]上原博之 54.0 26戦4勝 8231.2万 ロードカナロア サンスポ杯阪神牝馬S 中-13週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2021年1月9日(土)開催のニューイヤーステークスの特別登録馬情報です。


コース情報

スタートは1コーナー横のポケット地点。中山競馬場芝コースの高低差は5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差がある。その最高地点がこの1コーナーのところ。2コーナーまで緩やかに下り、さらに外回りコースのバックストレッチで約4.5mの勾配を駆け下りる。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。近年は年明けの1回開催と秋開催でCコースが使用されており、A、Bに比べて逃げ馬の好走確率が高くなっている。最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、先行争いは激しくなりやすい。なおかつ、その後は下り坂なので序盤から自然とペースアップする。前半3ハロンの平均タイムはクラスによる大きな差はない。その後の中盤~終盤のラップにクラスの差が現れ、勝ち時計の速さにもつながる。スタートからゴールまで一貫して速いラップを追走する能力が求められる。枠順は圧倒的に内枠が有利。幅員が最も広いAコースと、最も狭いCコースでもその傾向は変わらない。2コーナーまでの距離が短いことが起因し、外枠は常に外々を回らされるデメリットが生じる。内ラチ沿いをピッタリ回りながら、前々に位置し、直線に入ってグイと抜けてくる競馬が、このコースでは正攻法。逃げ・先行馬が有利で、回収率も高い。種牡馬成績はタイキシャトル、アドマイヤベガ、フジキセキ、ゼンノロブロイなど、ヘイロー系が圧倒的に優勢。割って入るのがキングカメハメハ、キングヘイロー。フレンチデピュティ、メジロライアンも回収率が高い。 ●クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(34.9-24.2-35.6=1.34.7)、3歳以上500万(35.3-23.6-35.9=1.34.8)、3歳以上1000万(35.1-23.9-35.3=1.34.3)、3歳以上準OP・OP特別(35.0-23.6-35.3=1.33.9)、3歳以上重賞(34.7-23.3-35.6=1.33.6)
JV-LINK

<<
2021年6月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30