KeibaList
2021年5月1日(土) /  [翌日]

バーデンバーデンカップ (特別競走)

サラ系4歳以上 1600万円以下 1回新潟7日目15:25発走 芝:稍重
1200m 左 (混合) 定量 (特指)

枠番 馬番 馬名 性齢 前走 前々走 3走前 4走前 5走前



コース情報

スタート地点は向正面の直線の入り口。内回りコースを使用で、3コーナーまでの直線距離は約448m(Aコース時)。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩やかな下り坂。仮柵によるコース設定はA、Bの2パターンで、最後の直線距離はともに359m。BコースはAコースより4m幅員が狭くなっている。現在、新潟の芝短距離の上級レースは1000mが中心になっており、1200mは1000万クラス以下を中心に行われている。内回りコースは起伏が少なく、最後の直線距離もローカル競馬場の芝1200mの中で最長となっているため、スピードが出やすい。確実な前傾ラップとなるが、逃げ~先行馬が有利。特にAコースでは逃げ馬が強い。相当ハイペースになれば差し、追い込み馬が台頭してくるが、平均からやや速めの流れの場合はあまり意識しなくてもいい。スタートと二の脚が速くて先行し、スピードの持続力で押し切れるタイプに向くコース。枠順は多頭数の大外が不利。種牡馬成績はサクラバクシンオー、クロフネ、ダンスインザダーク、キングヘイロー、ボストンハーバー、タイキシャトルらが接戦で上位。キングカメハメハ、フサイチコンコルド、トウカイテイオー、ムーンバラッドなどの中距離血統は苦戦している。 ●クラス別水準ラップ(3F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(33.8-35.4=1.09.2)、3歳以上1000万(34.0-34.7=1.08.7)、3歳以上準OP・OP特別(─)、3歳以上重賞(─)

JV-LINK

新潟競馬場の1200メートルの全レースを対象とした過去一年傾向分析はこちら


コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail