KeibaList
2021年2月20日(土) /  [翌日]

皿倉山特別 (特別競走)

サラ系4歳以上 1000万円以下 2回小倉3日目15:25発走 芝:良
2600m 右 (混合) ハンデ

枠番 馬番 馬名 性齢 前走 前々走 3走前 4走前 5走前



コース情報

スタート地点は向正面直線の半ばよりやや左。1000mのスタート地点より少し前進したところ。最初の3コーナーまでの距離は約244m(Aコース時)。ちょうどコース全体を1周半周回する。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。最後の直線距離は293m。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。通常は古馬1000万クラスと500万クラスでのみ組まれている。レースの流れとしては平均ペースからスローペースが大半。洋芝の札幌・函館芝2600mと違い、時計が出るし、速い上がりが要求される。それでもスタミナは必要。上がり3ハロンの水準は35秒台だ。好走馬の数は逃げ~先行が多いが、差し馬も来るし、マクリ差しも決まる。芝2000m以下の成績はほとんど関係なく、近走大敗続きの馬が平気で巻き返して穴をあける。特に単勝は穴の宝庫。枠順は外枠が不利。種牡馬成績は、突出して良績を残している馬はおらず混戦模様。一応、ジャングルポケット、スペシャルウィーク、メイショウドトウ、タニノギムレット、フサイチソニックが好調。ヘイロー系とグレイソヴリン系が上位だ。ただし、ダンスインザダークやステイゴールドはあまり良くない。 ●クラス別水準ラップ(3F-4F-3F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(36.8-52.5-36.6-35.5=2.41.4)、3歳以上1000万(35.9-51.0-36.8-35.5=2.39.2)、3歳以上準OP・OP特別(─)、3歳以上重賞(─)

JV-LINK

小倉競馬場の2600メートルの全レースを対象とした過去一年傾向分析はこちら


コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail