KeibaList

第20回 東京ジャンプステークス (J.G3)

サラ障害3歳以上 オープン 3回東京7日14:01発走 芝:良
3110m 小雨 (混合) 別定



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
3 3 サーストンコラルド 牡7 北沢伸也 3:25.3 297.9 08-09-08-07 13.2 45.92 60.0 462(-8) 10 58.5 橋田満 2939万
2 1 1 マイネルフィエスタ 牡8 植野貴也 3:26.1 296.5 11-10-09-09 13.3 46.09 60.0 506(-6) 7 28.4 中村均 1211万
3 5 5 タイセイドリーム 牡8 森一馬 3:26.3 1.1/4 296.9 05-05-05-04 13.3 46.14 60.0 542(+4) 6 21.2 矢作芳人 736万
4 2 2 マテンロウハピネス 牡6 西谷誠 3:26.3 クビ 296.9 06-07-11-11 13.3 46.14 60.0 450(-4) 3 7.2 昆貢 440万
5 7 9 シンキングダンサー 牡5 金子光希 3:26.4 1/2 297.1 08-07-05-04 13.3 46.16 60.0 472(+4) 4 9.8 武市康男 290万
6 6 6 ジャズファンク 牡6 平沢健治 3:27.1 298.3 06-06-03-03 13.3 46.33 60.0 494(-2) 2 3.8 角田晃一
7 4 4 ミュートエアー 牡5 五十嵐雄祐 3:27.2 クビ 298.5 03-03-04-04 13.3 46.35 60.0 462(+4) 8 31.0 岩戸孝樹
8 8 10 サトノアッシュ 牡6 熊沢重文 3:27.3 1/2 298.7 10-10-10-10 13.3 46.37 60.0 490(-2) 11 65.8 中竹和也
9 6 7 シャインレッド セン5 上野翔 3:27.5 1.1/4 299.0 02-02-02-02 13.3 46.42 60.0 502(-6) 9 35.1 武井亮
10 8 11 タマモプラネット 牡8 小坂忠士 3:28.3 297.7 01-01-01-01 13.4 46.59 60.0 496(+4) 5 15.2 南井克巳
11 7 8 アスターサムソン セン5 林満明 3:30.4 大差 298.6 03-04-07-08 13.5 47.07 61.0 488(-4) 1 1.9 中竹和也

ラップタイム

PCI3:296.33

通過タイム


払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 3 5,850 10
複勝 1 720 8
3 1,270 10
5 560 6
枠連 1-3 33,030 31
馬連 1-3 36,270 48
方式 馬番 配当 人気
馬単 3-1 78,320 96
ワイド 1-3 6,830 45
1-5 3,850 34
3-5 8,950 52
三連複 1-3-5 127,090 149
三連単 3-1-5 1,426,360 923

レース動画




コーナー通過

1コーナー 11=7(4,8)5-(2,6)(3,9)-10,1
2コーナー 11=7,4,8-5,6(2,9)3(1,10)
3コーナー 11=7-6-4(5,9)8,3,1,10,2
4コーナー 11-7,6(4,5,9)-3,8,1-10,2

レース後のコメント

  • 1着 サーストンコラルド北沢伸也騎手
    「今日は最後の障害を飛ぶまで動かないつもりでレースをしました。そして最後を飛んだら内がうまく開いていました。僕の馬も止まっていましたが、他の馬はより止まっていたので流れは速かったのでしょう。展開と作戦がうまくはまりました。無欲の勝利でしたが、大事に使っているのでまだ馬は若いです。僕自身は久しぶりの重賞勝ちとなったのでうれしいです。」
  • 2着 マイネルフィエスタ植野貴也騎手
    「もともと地力がある馬だと思っていました。東京の長い直線でジリジリ伸びるのはわかっていました。去年このレースでは先に抜け出して止まり4着になったので、おさえて行って前崩れの展開になったのも良かったと思います。」
  • 3着 タイセイドリーム森一馬騎手
    「障害戦は1年ぶりでしたが、厩舎の人達がしっかりと仕上げてくれました。よく頑張ってくれたと思います。次はもっと良くなると思います。」
  • 4着 マテンロウハピネス西谷誠騎手
    「控える競馬は予定通りでした。ペースが速かったので後ろからでも届くと思っていましたが、ちょっと踏み遅れてしまいました。直線では1番良い脚を使っていましたしもったいなかったですけど、試したかった競馬はできましたし収穫がありました。折り合いもつき過ぎるほどついていました。」
  • 5着 シンキングダンサー金子光希騎手
    「勝ちを意識して堂々としたレースをしました。今日は馬場が緩く、また勝ちに行ったところ、最後後ろで脚をためていた馬に交わされてしまいました。」
  • 6着 ジャズファンク平沢健治騎手
    「内容としては悪くない競馬が出来ました。おおむね上手に飛んでいたと思います。しかし、今日は馬場が緩く、馬の力が抜けるのが早い感じがしました。条件が合えば重賞でもやれる力はあると思います。」
  • 11着 アスターサムソン林満明騎手
    「全然ダメでした。右トモをおかしくしたかもしれません...。」

東京ジャンプステークス(とうきょうジャンプステークス)のその他情報…

旧名称は東京オータムジャンプ(1999-2008)。
備考…東京ジャンプステークスは1999年に創設された障害の重賞競走で格付けはJ.GⅢ。
2008年までは10月に開催されていたが2009年より6月に変更された。

<芝3300m(1999-2011),芝3110m(2012~)>



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail