KeibaList

第1回 葵ステークス (G)

サラ系3歳 オープン 3回京都11日
芝1200m 右 (国際) 別定 (特指)



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アーヒラ 牝3 [東]石毛善彦 54.0 12戦2勝 1816.4万 スウェプトオーヴァーボード 驀進特別 中-10週
アイアンクロー 牡3 [西]斉藤崇史 56.0 8戦1勝 2481.5万 アドマイヤムーン UHB杯 中-4週
アサクサゲンキ 牡3 [西]音無秀孝 57.0 9戦2勝 6825.9万 Stormy Atlantic CBC賞 中-5週
アルジャーノン 牡3 [西]荒川義之 56.0 9戦2勝 2290万 スクリーンヒーロー 白百合ステークス 中-0週
アルモニカ 牝3 [西]西村真幸 54.0 7戦2勝 1924.3万 ロードカナロア 九州スポーツ杯 中-10週
アンフィトリテ 牝3 [東]宗像義忠 55.0 3戦3勝 3649万 ロードカナロア マーガレットS 中13週
アンヴァル 牝3 [西]藤岡健一 54.0 7戦3勝 3809.4万 ロードカナロア 葵ステークス 中 0週
イエローマリンバ 牝3 [西]河内洋 54.0 4戦2勝 1460万 ディープインパクト 皆生特別 中-4週
ウィズ 牡3 [西]清水久詞 56.0 12戦2勝 2884.1万 ブラックタイド 道新スポーツ杯 中-5週
ウインジェルベーラ 牝3 [東]金成貴史 54.0 7戦1勝 1916万 アイルハヴアナザー 噴火湾特別 中-6週
エイシンデネブ 牝3 [西]坂口正則 54.0 5戦3勝 1320万 ロードカナロア 由布院特別 中-9週
オジョーノキセキ 牝3 [東]伊藤大士 54.0 8戦2勝 3396.3万 キンシャサノキセキ 葵ステークス 中 0週
カイザーメランジェ 牡3 [東]中野栄治 56.0 14戦3勝 1067万 サクラオリオン HBC賞 中-10週
キングキングキング 牡3 [東]国枝栄 56.0 10戦2勝 2244.2万 キングズベスト 潮騒特別 中-8週
ゴールドクイーン 牝3 [西]坂口正則 54.0 6戦3勝 6662.3万 シニスターミニスター バーデンバーデンC 中-7週
セイウンクールガイ 牡3 [東]奥平雅士 56.0 11戦2勝 2189.9万 ヨハネスブルグ ユニコーンステークス 中-3週
タイセイプライド 牡3 [西]西村真幸 57.0 7戦3勝 3952.5万 ヨハネスブルグ サマーチャンピオン 中-11週
トゥラヴェスーラ 牡3 [西]高橋康之 56.0 6戦2勝 3069.8万 ドリームジャーニー 葵ステークス 中 0週
トウカイパシオン 牝3 [東]菊川正達 54.0 3戦2勝 1320万 ヨハネスブルグ さくらんぼ特別 中-5週
ニシノキントウン 牡3 [西]北出成人 56.0 9戦2勝 2065.9万 クロフネ あやめ賞 中 2週
ビリーバー 牝3 [東]石毛善彦 54.0 12戦2勝 1920万 モンテロッソ 白河特別 中-8週
ペイシャルアス 牝3 [西]坂口正則 54.0 10戦2勝 2694.3万 ストロングリターン 葵ステークス 中 0週
マドモアゼル 牝3 [東]斎藤誠 55.0 9戦3勝 3905.7万 ブラックタイド バーデンバーデンC 中-7週
ミッキーワイルド 牡3 [西]安田隆行 56.0 5戦2勝 1420万 ロードカナロア 知多特別 中-5週
メープル 牝3 [西]小崎憲 54.0 5戦2勝 1500万 マンハッタンカフェ 箕面特別 中-3週
モズスーパーフレア 牝3 [西]音無秀孝 54.0 9戦3勝 2414.1万 Speightstown 函館日刊スポーツ杯 中-8週
ラブカンプー 牝3 [西]森田直行 54.0 10戦2勝 4224.4万 ショウナンカンプ アイビスサマーD 中-9週
レグルドール 牝3 [西]杉山晴紀 54.0 9戦2勝 3188.2万 アドマイヤマックス テレビユー福島賞 中-5週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2018年5月26日(土)開催の第1回 葵ステークスの特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点は向正面直線半ば付近。3コーナーにかけていきなり上り坂になっており、中山芝1200mとはちょうど対照的になっている。3~4コーナーのカーブは内回りコースを使用。3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、一気に駆け下りることになる。最後の直線は平坦で、Aコース時は328m、B、C、Dコースは323m。最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短い。基本的には前傾ラップだが、前後半3ハロンのラップ差があまりないことが特徴。3歳以上重賞の水準ラップでは後半3ハロンの方が速くなっている。あと、各クラスの時計差も案外少ない。AコースとBコース時は逃げ・先行馬が圧倒的に有利。Cコース、Dコース時になると、差し馬の台頭が多くなり、連対率は逃げ・先行・差しがほぼ互角になっている。京都特有の軽い馬場に適応が必要なのは全脚質共通。枠順はほぼフラット。種牡馬成績はサクラバクシンオー圧倒的に強い。勝ち鞍・回収率ともに優秀だ。以下、タイキシャトル、フジキセキ、コロナドズクエスト、アドマイヤベガ、スウェプトオーヴァーボードらが続く。ダンスインザダーク、アグネスタキオン、キングヘイローは苦戦傾向。 ●クラス別水準ラップ(3F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(34.0-34.8=1.08.8)、3歳以上1000万(34.2-34.4=1.08.6)、3歳以上準OP・OP特別(34.1-34.3=1.08.4)、3歳以上重賞(34.1-33.9=1.08.0)
JV-LINK

<<
2018年8月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31