KeibaList

第79回 菊花賞 (G1)

サラ系3歳 オープン 4回京都7日15:40発走 芝:良
3000m 晴 右外 牡・牝 (国際) 馬齢 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
6 12 フィエールマン 牡3 C.ルメール 3:06.1 62.2 07-07-05-06 33.9 38.05 57.0 480(+4) 7 14.5 手塚貴久 1億4748万
2 5 9 エタリオウ 牡3 M.デムーロ 3:06.1 ハナ 62.2 10-09-08-06 33.9 38.05 57.0 472(+4) 2 3.6 友道康夫 5585万
3 4 7 ユーキャンスマイル 牡3 武豊 3:06.3 1.1/2 62.4 09-09-10-10 33.9 38.10 57.0 488(-2) 10 31.7 友道康夫 3393万
4 2 3 ブラストワンピース 牡3 池添謙一 3:06.5 3/4 61.7 12-11-10-09 34.1 38.10 57.0 530(±0) 1 3.4 大竹正博 1800万
5 8 18 グローリーヴェイズ 牡3 福永祐一 3:06.6 1/2 62.6 14-14-14-12 33.9 38.18 57.0 448(+2) 12 75.4 尾関知人 1200万
6 7 13 タイムフライヤー 牡3 和田竜二 3:06.7 3/4 61.9 11-11-12-12 34.1 38.15 57.0 454(+2) 13 80.2 松田国英
7 8 17 シャルドネゴールド 牡3 藤岡康太 3:06.9 1.1/2 62.8 16-16-16-16 33.9 38.25 57.0 450(±0) 15 138.3 池江泰寿
8 3 5 エポカドーロ 牡3 戸崎圭太 3:06.9 ハナ 59.3 03-03-03-05 34.8 38.03 57.0 490(+4) 3 5.5 藤原英昭
9 2 4 ジェネラーレウーノ 牡3 田辺裕信 3:07.1 1.1/4 57.9 01-01-01-01 35.2 37.98 57.0 506(±0) 4 11.2 矢野英一
10 1 2 グレイル 牡3 岩田康誠 3:07.4 61.6 17-17-17-17 34.3 38.28 57.0 490(-4) 8 18.2 野中賢二
11 8 16 ステイフーリッシュ 牡3 藤岡佑介 3:07.5 クビ 59.7 14-14-14-14 34.8 38.18 57.0 452(-2) 11 70.2 矢作芳人
12 5 10 アフリカンゴールド 牡3 松若風馬 3:07.8 56.5 05-05-05-03 35.7 38.03 57.0 460(-2) 9 24.5 西園正都
13 7 14 グロンディオーズ 牡3 J.モレイラ 3:07.9 3/4 58.1 12-13-12-14 35.3 38.15 57.0 530(-2) 6 14.1 田村康仁
14 3 6 メイショウテッコン 牡3 松山弘平 3:08.0 1/2 56.3 05-05-05-06 35.8 38.05 57.0 498(+2) 5 12.5 高橋義忠
15 6 11 コズミックフォース 牡3 浜中俊 3:08.1 クビ 55.3 03-03-03-03 36.1 38.00 57.0 472(+2) 14 115.3 国枝栄
16 1 1 アイトーン 牡3 国分恭介 3:09.6 52.4 07-07-08-10 37.2 38.10 57.0 480(+12) 17 223.0 五十嵐忠男
17 4 8 カフジバンガード 牡3 幸英明 3:09.9 1.3/4 49.9 02-02-02-02 38.0 37.98 57.0 482(+6) 18 242.6 松元茂樹
18 7 15 オウケンムーン 牡3 北村宏司 3:11.2 51.5 18-18-18-18 37.8 38.35 57.0 440(-6) 16 143.3 国枝栄

ラップタイム

12.8 - 11.9 - 12.5 - 12.9 - 12.6 - 12.4 - 13.3 - 13.0 - 12.8 - 12.7 - 12.8 - 12.2 - 12.2 - 10.7 - 11.3
平均1F:11.87 , 平均3F:37.98 , RPCI:61.04 , PCI3:62.00

通過タイム

12.8 - 24.7 - 37.2 - 50.1 - 62.7 - 75.1 - 88.4 - 101.4 - 114.2 - 126.9 - 139.7 - 151.9 - 164.1 - 174.8 - 186.1
71.9 - 59.2 - 46.4 - 34.2(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 12 1,450 7
複勝 7 600 10
9 160 1
12 450 8
枠連 5-6 1,860 6
馬連 9-12 2,380 6
方式 馬番 配当 人気
馬単 12-9 6,010 22
ワイド 7-9 1,550 18
7-12 4,610 45
9-12 930 8
三連複 7-9-12 16,710 56
三連単 12-9-7 100,590 317

レース動画




コーナー通過

1コーナー 4,8(5,11)(6,10)(1,12)7,9,13(14,3)-(16,18)17-2-15
2コーナー 4,8(5,11)(6,10)(1,12)(7,9)(13,3)14(16,18)17-2-15
3コーナー 4,8(5,11)(6,12,10)(1,9)(7,3)(14,13)(16,18)17,2,15
4コーナー (*4,8)(11,10)5(6,12,9)3(1,7)(13,18)(14,16)17,2,15

レース後のコメント

  • 1着 フィエールマン手塚貴久調教師
    「体力以上に走ってしまうので前走のダメージがかなり残っていましたし、賞金も加算出来ましたから、菊花賞一本と決めました。プラス4キロでも大きく見え、休ませた甲斐がありました。今までの中で一番ゲートも出ました。これまで3戦、今日のような競馬の経験がなく、中団につけているのを見て心配しましたが、折り合いもついて運べましたし、いい脚でした。これでGI馬、レース選択も吟味しなければなりません。体力の消耗が激しい馬なので、ケアに努めたいと思います。普通なら人気にならない臨戦過程ですが、ある程度の人気で勝たせてもらい、感謝しています。また来年も関東馬が勝てるように努力したいと思います。」
  • 1着 フィエールマンC.ルメール騎手
    「直線に向いて、少し我慢する形になりました。デムーロ騎手のエタリオウから3馬身から4馬身ありましたからね。でも、この馬は瞬発力があります。よく届いてくれました。」
  • 2着 エタリオウ友道康夫調教師
    「先頭に立って目標がなくなってフワッとしてしまいました。流れも考えていたより遅くなりました。なかなか勝てませんね。」
  • 2着 エタリオウM.デムーロ騎手
    「仕方ないですね。よく頑張りました。すごくいい競馬はできましたが、勝ち馬とは最後の脚が少し違いました。」
  • 3着 ユーキャンスマイル武豊騎手
    「よく頑張りました。道中、折り合いはバッチリで、無駄のない競馬が出来ました。春からの成長を感じました。」
  • 3着 ユーキャンスマイル友道康夫調教師
    「頑張ってまっすぐ走っていました。左ステッキを初めて入れたくらいです。トモもしっかりしていました。」
  • 4着 ブラストワンピース池添謙一騎手
    「返し馬でもピリッとした中、落ち着きを見せていました。ゲートも普通に出てくれました。ただ、1周目の下りでゴチャついて少し後ろになってしまいました。正面スタンド前ではスローのなか我慢して、上がり勝負のなか止まっていないのですが、決め脚のある馬に上位に来られた感じです。」
  • 5着 グローリーヴェイズ福永祐一騎手
    「外枠でしたし、もう少し流れて欲しかったですね。不向きな流れのなかよく頑張ってくれました。ポテンシャルの高い馬です。」
  • 6着 タイムフライヤー和田竜二騎手
    「何とか我慢してくれましたし、理想的に運べました。一瞬、突き抜けるかと思いましたが、最後は止まりました。それでも上手に走りました。まだまだ良くなりそうな雰囲気ですし、楽しみが出てきました。」
  • 7着 シャルドネゴールド藤岡康太騎手
    「後方からよく脚を伸ばしてくれています。」
  • 8着 エポカドーロ戸崎圭太騎手
    「ペースが遅かったですね。藤原先生と話しましたが、距離が長かったかもしれません。調子は良かったです。」
  • 9着 ジェネラーレウーノ田辺裕信騎手
    「マイペース、遅いくらいのペースで運べました。周りも強い馬ばかり、思うような競馬は出来ませんね。自分の競馬は出来たと思いますし、悲観するような内容ではなかったと思います。」
  • 10着 グレイル岩田康誠騎手
    「スタートは仕方ありませんが、道中はいい感じで運べました。坂の下りでスムースにスピードに乗せられませんでした。」
  • 11着 ステイフーリッシュ藤岡佑介騎手
    「思った以上に折り合いがついていましたし、脚をためていました。4コーナーで馬場に脚を取られるところがありました。」
  • 12着 アフリカンゴールド松若風馬騎手
    「道中は少し力んでいましたし、もっと早く動けばよかったですね。自分の判断ミスです。」
  • 13着 グロンディオーズJ.モレイラ騎手
    「もう少し前の位置を取りたかったのですが、枠順の関係で難しかったですね。能力の高い馬ですが、初のGIのせいか、いつものリズムがありませんでした。」
  • 14着 メイショウテッコン松山弘平騎手
    「スタートがすべてです。自分の形の競馬が出来ませんでした。いつでも動ける位置でレースをしたかったのですが、それが出来ませんでした。」
  • 15着 コズミックフォース浜中俊騎手
    「スタートから前めの位置で予定通りの競馬は出来たと思います。これを契機に良くなってくれればと思います。」
  • 16着 アイトーン国分恭介騎手
    「スタートは上手に出てくれたんですが…。最内枠があだとなりました。」
  • 17着 カフジバンガード幸英明騎手
    「4コーナーでのめるような形になり、手応えがなくなってしまいました。」
  • 18着 オウケンムーン北村宏司騎手
    「4コーナー手前の悪い馬場のところでバランスを崩してしまいました。」

菊花賞(きくかしょう)のその他情報…

正賞は内閣総理大臣賞、朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞。
旧名称は京都農林省賞典四歳呼馬(1938-1942),京都農商省賞典四歳呼馬(1943-1945),農林省賞典四歳馬(1946-1947)。
備考…菊花賞は、1938年に創設された日本中央競馬会が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走。
1984年にグレード制導入に伴いGIに格付け。

「最も強い馬が勝つ」といわれる、キク全般の花言葉「高貴」「高潔」「高尚」



コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail