KeibaList

第66回 神戸新聞杯 (G2)

サラ系3歳 オープン 4回阪神7日15:35発走 芝:良
2400m 曇 右外 牡・牝 (国際) 馬齢 (指定)



着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 タイム 着差 PCI 通過 上3F Ave-3F 斤量 馬体重 人気 オッズ 調教師 賞金
3 3 ワグネリアン 牡3 藤岡康太 2:25.6 58.6 07-07-06-05 34.2 37.13 56.0 460(+10) 2 2.7 友道康夫 5471万
2 2 2 エタリオウ 牡3 M.デムーロ 2:25.7 1/2 59.9 10-10-10-09 33.9 37.27 56.0 468(+14) 3 4.6 友道康夫 2220万
3 6 6 メイショウテッコン 牡3 松山弘平 2:25.7 アタマ 56.6 01-01-01-01 34.7 37.00 56.0 496(+14) 6 16.7 高橋義忠 1410万
4 7 8 エポカドーロ 牡3 戸崎圭太 2:26.1 2.1/2 57.8 08-08-08-08 34.5 37.20 56.0 486(-4) 1 2.7 藤原英昭 810万
5 4 4 ステイフーリッシュ 牡3 川田将雅 2:26.4 1.3/4 55.3 03-03-03-03 35.2 37.07 56.0 454(+2) 4 11.9 矢作芳人 540万
6 5 5 タイムフライヤー 牡3 和田竜二 2:26.5 1/2 55.8 04-04-05-05 35.1 37.13 56.0 452(+2) 8 27.4 松田国英
7 7 7 ビッグスモーキー 牡3 浜中俊 2:26.5 クビ 54.6 02-02-02-02 35.4 37.03 56.0 530(±0) 9 181.4 清水久詞
8 1 1 ゴーフォザサミット 牡3 蛯名正義 2:26.8 1.1/2 55.3 06-06-06-05 35.3 37.17 56.0 494(-4) 5 12.9 藤沢和雄
9 8 9 アドマイヤアルバ 牡3 岩田康誠 2:26.9 3/4 55.8 09-09-09-09 35.2 37.23 56.0 474(+2) 7 27.1 須貝尚介
10 8 10 ハーベストムーン 牡3 幸英明 2:28.0 50.7 05-05-04-03 36.8 37.07 56.0 508(-5) 10 314.7 浅見秀一

ラップタイム

13.0 - 11.2 - 12.5 - 12.5 - 12.7 - 12.5 - 12.5 - 12.3 - 11.8 - 11.2 - 11.3 - 12.1
平均1F:11.75 平均3F:35.25 RPCI:52.50 PCI3:57.67

通過タイム

13.0 - 24.2 - 36.7 - 49.2 - 61.9 - 74.4 - 86.9 - 99.2 - 111.0 - 122.2 - 133.5 - 145.6
71.2 - 58.7 - 46.4 - 34.6(上り)

払い戻し金

方式 馬番 配当 人気
単勝 3 270 2
複勝 2 170 3
3 120 1
6 330 6
枠連 2-3 730 3
馬連 2-3 720 3
方式 馬番 配当 人気
馬単 3-2 1,300 4
ワイド 2-3 320 3
2-6 940 14
3-6 710 9
三連複 2-3-6 2,930 12
三連単 3-2-6 10,650 32

レース動画




コーナー通過

1コーナー 6-7,4-5,10,1,3,8,9-2
2コーナー 6,7-4-5,10,1,3-8,9-2
3コーナー 6-7,4,10,5(1,3)8,9-2
4コーナー 6,7(4,10)(5,1,3)8(9,2)

レース後のコメント

  • 1着 ワグネリアン友道康夫調教師
    「天皇賞に向かいます。東京の2000メートルは一番合ってそう。祐一くんで向かいます。」
  • 1着 ワグネリアン藤岡康太騎手
    「ダービー馬ですからね。自信を持って乗りました。普段から調教には乗っていましたから、急遽の乗り替わりでもその点は気持ちが楽でした。夏を越えて体がひと回り大きくなって、心も大きく成長しての秋初戦でした。折り合いがポイントでしたが、行きたがるところはありました。でも馬の力に助けられました。ラストはダービー馬の根性を見せてくれました。」
  • 2着 エタリオウ友道康夫調教師
    「この馬のスタイルで、最高にいい脚を使ってくれました。距離が延びてさらに良さそうですし、胸を張って菊花賞へ行けます。」
  • 3着 メイショウテッコン松山弘平騎手
    「スタートに課題がありますが、ハナに立ってからは折り合いもついてマイペースで運べました。次は京都になりますが、距離も大丈夫ですし、コースもプラスになると思います。4コーナーでセーフティリードが欲しかったですね。」
  • 4着 エポカドーロ藤原英昭調教師
    「スタートでのつまずきが全てですね。1番人気に支持されたのに申し訳ない。ただ、ああいう形でも大崩れしなかったですし、本番(菊花賞)では巻き返したい。」
  • 4着 エポカドーロ戸崎圭太騎手
    「スタートがあんな感じになってしまいました。自分のレースが出来ませんでした。前に行きたかっただけに残念ですが、これを使って良くなりそうです。」
  • 5着 ステイフーリッシュ川田将雅騎手
    「秋初戦で、これだけのメンバーですからね。掲示板は外していませんし、この馬の上には強い馬が来ていましたから、よく頑張っています。」
  • 6着 タイムフライヤー和田竜二騎手
    「行きっぷりがよすぎて、内に潜り込んでも力んでいた。一度使ってガス抜きができれば。」
  • 7着 ビッグスモーキー浜中俊騎手
    「スタート良く、逃げ馬を行かせてのレースをしました。前とは大きな差がなかったですし、よく頑張ってくれました。」
  • 8着 ゴーフォザサミット蛯名正義騎手
    「いい感じだと思ったけど、本来の伸びがなかった。緩い馬場が影響している感じ。ばててはいないんだけどね。」
  • 9着 アドマイヤアルバ岩田康誠騎手
    「今日は中団あたりから運びたかったのですが、進んで行きませんでした。使っての変わり身を期待です。」
  • 10着 ハーベストムーン幸英明騎手
    「ずぶい感じでしたし、かわされるとやめていました。」

神戸新聞杯(こうべしんぶんはい)のその他情報…

正賞は神戸新聞社賞。
旧名称は神戸盃(1953-1971)。
備考…神戸新聞杯は1955年に創設された重賞競走。
1984年にグレード制施行によりGⅢに格付けされ、1987年にGⅡに格上げされた。
1991年に3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられるようになり、1995年に菊花賞トライアルに指定された。
神戸新聞社は神戸新聞、デイリースポーツ、デイリー馬三郎を発行する新聞社。




コメント
まだコメントがありません。
お名前
E-mail