KeibaList

第84回 桜花賞 (GⅠ)

サラ系3歳 2回阪神6日
芝1600m 右外 牝 (国際) (指定)



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
キャットファイト 牝3 [東]上原博之 55.0 7戦3勝 3664.1万 ディスクリートキャット 桜花賞 中 0週
オウバイトウリ 牝3 [西]武幸四郎 55.0 7戦2勝 2200万 リアルスティール バイオレットS 中 1週
チェルヴィニア 牝3 [東]木村哲也 55.0 4戦2勝 3775.7万 ハービンジャー 桜花賞 中 0週
ステレンボッシュ 牝3 [東]国枝栄 55.0 5戦3勝 2億1546.8万 エピファネイア 桜花賞 中 0週
テウメッサ 牝3 [東]金成貴史 55.0 6戦1勝 1787.6万 ハービンジャー 桜花賞 中 0週
ルージュスエルテ 牝3 [東]国枝栄 55.0 4戦1勝 1506.6万 ハーツクライ ニュージーランドT 中 0週
ライトバック 牝3 [西]茶木太樹 55.0 4戦2勝 7064.2万 キズナ 桜花賞 中 0週
タガノエルピーダ 牝3 [西]斉藤崇史 55.0 4戦2勝 5334.2万 キズナ 忘れな草賞 中 0週
コラソンビート 牝3 [東]加藤士津八 55.0 7戦3勝 9941.7万 スワーヴリチャード 桜花賞 中 0週
オオナミコナミ 牝3 [西]牧浦充徳 55.0 3戦1勝 800万 エピファネイア 忘れな草賞 中 0週
ボンドガール 牝3 [東]手塚貴久 55.0 3戦1勝 4261万 ダイワメジャー ニュージーランドT 中 0週
エトヴプレ 牝3 [西]藤岡健一 55.0 7戦3勝 9643.5万 Too Darn Hot 桜花賞 中 0週
クイーンズウォーク 牝3 [西]中内田充正 55.0 4戦2勝 4686.2万 キズナ 桜花賞 中 0週
アスコリピチェーノ 牝3 [東]黒岩陽一 55.0 4戦3勝 1億6854.4万 ダイワメジャー 桜花賞 中 0週
ハワイアンティアレ 牝3 [西]松永幹夫 55.0 4戦1勝 1866.2万 ロードカナロア 桜花賞 中 0週
クリノオリーブ 牝3 [西]谷潔 55.0 9戦1勝 1610万 ニューイヤーズデイ 3歳1勝クラス 中-1週
ネグレスコ 牝3 [西]西園正都 55.0 4戦2勝 1710万 カリフォルニアクローム バイオレットS 中 1週
ショウナンマヌエラ 牝3 [西]高野友和 55.0 5戦1勝 2222.4万 ジャスタウェイ 桜花賞 中 0週
スウィープフィート 牝3 [西]庄野靖志 55.0 7戦2勝 9386.4万 スワーヴリチャード 桜花賞 中 0週
セキトバイースト 牝3 [西]四位洋文 55.0 7戦1勝 4321.4万 デクラレーションオブウォー 桜花賞 中 0週
ワイドラトゥール 牝3 [西]藤原英昭 55.0 5戦2勝 2739.6万 カリフォルニアクローム 桜花賞 中 0週
セシリエプラージュ 牝3 [西]中村直也 55.0 5戦1勝 1985.4万 ブリックスアンドモルタル 桜花賞 中 0週
イフェイオン 牝3 [西]杉山佳明 55.0 4戦2勝 4581.8万 エピファネイア 桜花賞 中 0週
クリノハレルヤ 牝3 [西]武英智 55.0 6戦1勝 1806.5万 ドレフォン 3歳1勝クラス 中 0週
マスクオールウィン 牝3 [東]牧光二 55.0 7戦2勝 4318.8万 ドレフォン 桜花賞 中 0週
シカゴスティング 牝3 [西]庄野靖志 55.0 7戦2勝 3742.9万 ロゴタイプ 桜花賞 中 0週
ジューンブレア 牝3 [西]武英智 55.0 4戦1勝 720万 American Pharoah 3歳1勝クラス 中-1週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2024年4月7日(日)開催の第84回 桜花賞の特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点はバックストレッチの中間からやや左寄り。長い直線が2本にコーナーが2回。外回りの京都芝1600mに似たコース形態となっている。06年末にオープンした外回りコースに入り、ゆったりとした3~4コーナーを回る。最後の直線距離はAコース時が473.6m、Bコース時が476.3m。直線半ばまで下りが続き、残り200m付近でゴール前の急坂。約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。AコースとBコースでは直線部分で3m、曲線部分で4m幅員が違う。主にAコースは開催前半、Bコースは開催後半に使用されている。3歳以上の各クラス平均では、前半3ハロンより後半3ハロンの方が時計が速い。マイル戦にしてはスローペースになりやすいコースで、展開の読みが常に重要になってくる。まずは逃げ馬を警戒。最後に急坂があってもペースが遅いと余力が残っているので、そのまま押し切られてしまう。先行馬と差し馬はほぼ互角。追い込み馬だけは割引が必要。広々としたコースなので末脚も重要だが、一定した速いスピードを持続させるのが得意な馬にも歓迎なコース形態。枠順の有利・不利はあまりない。種牡馬成績はスペシャルウィークが勝ち鞍を量産。フジキセキ、アグネスタキオン、マンハッタンカフェなどヘイローは外せない。キングカメハメハも非常に得意なコース。あとはグラスワンダー、タニノギムレット、シンボリクリスエスらロベルト系がいい。テイエムオペラオー、キングヘイロー、フサイチコンコルドなどのノーザンダンサー系種牡馬はひと息。 ●クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(35.0-24.3-35.2=1.34.5)、3歳以上500万(35.6-24.3-34.9=1.34.8)、3歳以上1000万(35.5-23.9-35.0=1.34.4)、3歳以上準OP・OP特別(35.2-23.5-35.0=1.33.7)、3歳以上重賞(35.5-23.6-34.3=1.33.4)
JV-LINK

<<
2024年4月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30