KeibaList

アレキサンドライトステークス (特別競走)

サラ系4歳以上 3勝クラス 1回中山5日
ダート1800m 右 (混合) ハンデ



馬名 性齢 調教師 斤量 戦績 総賞金 前走
アルーフクライ セン8 [東]宗像義忠 55.0 47戦4勝 1億133万 ハーツクライ 京都ジャンプS 中-43週
サンシロウ セン8 [東]堀内岳志 51.0 56戦3勝 1億191.6万 ネオユニヴァース 障害4歳上未勝利 中-54週
チェルアルコ 牝5 [西]森田直行 52.0 19戦3勝 3006万 カジノドライヴ 摩耶ステークス 中-49週
デッドアヘッド セン6 [東]牧光二 55.0 19戦3勝 3298.2万 ハーツクライ AZM&林下詩美&上 中-42週
デュアライズ 牡6 [東]中舘英二 55.0 24戦4勝 6183.8万 ディープインパクト ベテルギウスS 中-50週
デルマオニキス 牡5 [東]勢司和浩 54.0 19戦3勝 4048.5万 オンファイア 竹田城ステークス 中-47週
トップオブメジャー 牡6 [西]辻野泰之 55.0 19戦4勝 3614.2万 ダイワメジャー 青函ステークス 中-23週
ナンヨーイザヨイ セン6 [東]杉浦宏昭 53.0 37戦4勝 5328.2万 エイシンフラッシュ 遠賀川特別 中-22週
ノーブルシルエット 牝4 [東]水野貴広 54.0 16戦4勝 5221.4万 シニスターミニスター ベテルギウスS 中-50週
バイシュラバナ セン5 [東]久保田貴士 55.0 17戦4勝 4878万 キングカメハメハ アルデバランS 中-55週
パワポケプリメーロ 牡5 [東]新開幸一 54.0 18戦6勝 2534.7万 オルフェーヴル アレキサンドライトS 中 0週
ペルセウスシチー 牡5 [東]池上昌和 55.0 25戦4勝 5168.5万 トゥザワールド アルデバランS 中-55週

戦績はレース後にも更新された今現在の値です。
2022年1月15日(土)開催のアレキサンドライトステークスの特別登録馬情報です。


コース情報

スタート地点はスタンド前直線の入り口。最初の1コーナーまでの距離は約375mで、スタートして間もなく急坂。この部分の勾配は約2mだが、コース全体の高低差は4.4m。JRA全10場のダートコースの中で最も高低差があるタフなコースだ。最後の直線距離は308mで、中央4場の中では最短となっている。スタート後の2ハロン目に速いラップが刻まれるため、前半3ハロンの時計が最も速くなる。平均ラップを見ると中盤の3ハロンで息を入れて、後半3ハロンの末脚勝負となっているが、実際には中盤でもペースが緩まず最後まで淀みない流れになることも多い。また、クラス間の平均勝ち時計の差がやや大きいのも特徴。中山のダートコースは砂が重く、時計も要する馬場のため、パワー型の馬が活躍しやすい。特に冬場は非常に時計がかかる。速い持ち時計よりも、コース適性を重視。切れがある差し馬よりも、簡単にバテない先行馬を狙うのがセオリー。差し馬同士ではなかなか決まらない。穴を狙うならば人気薄の馬の前残りがいい。一方、雨が降って脚抜きがいい馬場になると、極端な脚質の馬が台頭する。行った行ったの展開や、外からの追い込み、マクリ差しの馬が飛んでくる。1コーナーまで十分距離があるので枠順の有利・不利はあまりないが、逃げ・先行でレースを進めたい馬にとっては、内枠の方が競馬はしやすい。種牡馬成績はクロフネが断然。同馬の父フレンチデピュティも強い。あとは、シンボリクリスエス、ブライアンズタイム、グラスワンダーなどのロベルト系。ミスタープロスペクター系ではティンバーカントリーとアグネスデジタル。ヘイロー系ではアグネスタキオン、その他の系統ではワイルドラッシュに注目。 ●クラス別水準ラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計 2歳OP特別・重賞(─)、3歳以上500万(37.4-39.1-38.6=1.55.1)、3歳以上1000万(37.0-38.1-38.7=1.53.8)、3歳以上準OP・OP特別(36.8-38.2-37.7=1.52.7)、3歳以上重賞(36.2-37.7-37.8=1.51.7)
JV-LINK

<<
2023年2月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28